6年ぶりの海保観閲式

2018年5月20日(2日目)に、海保観閲式を観覧してきました。そのときの様子をつづります。
ちなみに、今回の行事名は「海上保安制度創設70周年記念観閲式及び総合訓練」です。

そうや乗船


朝は雲が出て、気温低く風も強めで、待機列では肌寒く感じた。
1030に乗船手続き開始。

最初の位置

同行者と打ち合わせの位置に向かった。ひとまず第一関門突破。規制線際なので、続く関門がある。
規制解除で移動。希望の位置取りに成功し、ようやく腰を落ち着けた。(立ちっぱなしだけど)
乗船してからは、雲も晴れて日差しが痛いぐらい。風があるのがありがたい。
晴海には、やしま、そうや、だいせんが入っていて、さらに横浜出発のいず、も加わり合計4隻で観閲部隊となる。
やしまの後に続いて出航。すると、風が強まり気分も高まるので暑さを忘れる。
最近の西航路を知らないので、そのあたりも個人的見どころ。潮風公園はまだまだ工事中だなとか、新しい客船ターミナルの場所は連絡橋がどんな規模かがわかるようになったなとか。品川方向を見ると、富士山がやや霞んで見えた。冬場以外だと期待してないだけに、うれしくなった。

羽田越しの富士山 東西水路横断橋(仮)

また、中央防波堤側には作ってる途中という見た目の橋が見えてきた。通行止めのお知らせを見ていたが、これに関係するのかな。後で調べたところでは、そのものではなかったが「仮称・東西水路横断橋」だった。この橋で繋がるのだな。渡ることはあるのかな?東京オリンピックでボート競技の会場になる場所。大騒ぎも今はすっかりおさまって、ただの水路にしか見えない。
と、ここまでくれば訓練海域は目の前。ひらけた会場に黄色い臨時浮標と受閲組の船や、横浜からのいずが見え始めた。
アナウンスもあり、いよいよ開始。

行進


観閲式 海保は挙手敬礼 海自は直立 はたかぜ

一列縦隊で観閲・受閲の双方がすれ違い始める。ずらーっと並ぶのを見ると、いつもながら見られてよかったなぁと思う。そして撮影しておかねば!という場面の一つ。ネットでもこの画像が多いので、やはり定番なんだなと思う。
しかし、それは戦いの火蓋が切って落とされたことを意味しており、ひったすらフレームにおさめては撮影を繰り返すのみ。ほとんど反射的。これぐらいのズーム具合、というのはもうほとんど「毎度同じ」調子だ。だから毎回同じよーなカタログ画像になるのだが、しかし外せない。カメラの反応速度もあるので、変化させづらいのだ。下手して撮りこぼすほうが悔しい。
船艇

そうこうするうちに船艇の部終了

航空機

ふっとまさに一息したら航空機の部が始まり、さらに反射神経が試される。もう、撮れたらいいやという気持ちを保つようにしながらも、ズームする指。速く移動する物体で、ちょっとデータ量も大きくなるモードで撮影してるので、記録速度に時間をとられ、次の被写体へのピント合わせが大変になる。があああああ!てなるも、しかしそこに意識を残してる場合でもない。

航空機

そして闘いは一時休止。

訓練展示


観閲航行が終わり、訓練展示へ。
訓練展示は、どのタイミングでどんな位置関係になっているかで、何が見られるかわからない。さらに感覚で撮影していく。そんな中でも、「火災発生」の発火シーンは、待ち構えられるものの一つ。固唾をのむ観覧者一同w
ゴクリ。
緊張の中、「ドン!」という音と共に火の玉が上がる。一斉に切られるシャッター音!

火災発生(想定) テロ船

そこからまた怒涛の船艇・航空機入り混じる訓練風景に、あっちだこっちだズームだ全景だ…

囲んで動きをとめる

もう目と指だけが働いてる感じ。
一通り訓練が終了。

フェアウェルパレード


となると、あとはお待ちかねのフェアウェルパレード。
参加勢力による「お見送り」。
海保の面々は、各海域から参加しているので、ご当地出し物で賑やかにパレードする。例えば徳島からの船は、阿波踊りするとか。電光掲示板を使ってメッセージ出したり、音楽ももちろんガンガンに流して、衣装もそれぞれで思いっきりお祭り状態。

ざんぱ(11管)
普段、尖閣諸島あたりを警戒している「ざんぱ」さんも参加でした!いつも、ありがとうございます!

で、海保だけじゃなく海自も警察も間に入ってパレードするわけで、この温度差もある種の見どころ。久々の開催ではあったものの、それなりに頑張ってた。以前は、ホントにただ航行するだけだったりしたけど、やってもいーかなーってなったみたい?(^^)

はたかぜ 総理

で、フェアウェルのときお立ち台を見ると、バッチリ総理は残っていらっしゃいましたw

帰路


すっかり終わって、ようやく力が抜ける。今回の場所が前のブルワーク沿いで、そこにもたれかかっていたのと、観閲式中に多くの人が寄って船全体が傾いていたこともあり、ずーっと前傾姿勢でいた。おかげで、足に荷重が相当かかってて、もうヨレヨレ。
さて最後のポイントは、総理退船。えー、そゆのもあるんか、と事情通に聞き、やんわり待機。

やしま飛行甲板

やしまを見ると、訓示前から飛行甲板は立ち入り禁止になって、まもなく格納庫シャッターも下された。あの格納庫で待っていた観客もいたのだろうか?(涙を禁じ得ない)
しかし、私が乗船しているそうやは、離れる動き。しかも加速。ありゃ、どんどん帰ってる?
なんとか見られないかと、やしまを見続けるが、ヘリの姿すら見えず断念。
しょーがないので、ちらっと船内を散歩して、接岸・下船を待った。
ともあれ、久々の観閲式を楽しみ、帰宅の途についた。
晴海ではバス待機列が結構なことになっていたが、歩いて勝どき駅に向かうと、途中でビッグサイトからの系統バスが来たので乗車。とてもラッキーな締めくくりだった。
海保ならびに関係者の皆様、観閲式開催と公開をいただき、ありがとうございました。
同行の面々も、ありがとうございました。

うっすらと富士山
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 海保 海自 東京 イベント

美術館のはしご

2018年5月2日に、気になっていた展覧会に出かけました。


江戸幕府、最後の闘い


平成30年(2018)は明治元年(1868)から満150年を迎える年に当たります。春の特別展では明治前夜、幕末期の江戸幕府に焦点を当て、当館所蔵の江戸幕府公文書である「多門櫓文書(たもんやぐらもんじょ)」を中心に、幕末期の江戸幕府の「文武」改革について取り上げます。


特にどの資料を目当てにしていたわけではありませんが、どんなのがあるのかな、てことで見てきました。
管理ラベル

いくつか関心が向いた資料もありましたが、管理ラベルにも向いていたりして。
あと、軍の資料とか。
陸軍所の刊行物 歩兵令詞

音声ガイドを借りての鑑賞。知識が無い私には、説明文だけだとピンと来なさすぎるので、音声ガイドは大変ありがたいです。

一通り見て、アンケートに回答して離脱。
アンケートは、そのとき何人も書いておられたので、ここに来館する人は書きたくなる人が多いのかな、なんて思いました。

名工の明治


開催前から、鷹の工芸品をメインビジュアルにしたポスターが、とても魅力的だったので、せっかく近くにいるのだからと観覧。
いやー、行ってよかった!
ほんっとーによかった!
ポスターに使われた鷹の作品は、全部で12種類ありまして、それが一堂に会していて、しかも遮る物が無い状態!なめ回すように見ました。
あれはもう、見なきゃ損です。
存在感、完成度、美しさ、かっこよさ…
てっきり絵はがきがあると思ったのですが、無かった(と思うのですが、私が見落としているのかも)。
撮影ができるので、自分で欲しいものを作るしか無いですね…。でも、どれをどう撮ればいいのやら。(このときは、撮影していません)

展示物は鷹だけがよかったわけではなく、どれもとても魅力にあふれたものでした。

横山大観展


と、ここまで来れば、横山大観も見ておくべきでしょ!てことで。
案外、空いてる感じでしたし、工芸館で入場券を買えたし。
ここでも、音声ガイドを借ります。空いてるとは言え、説明文が読みづらいこともありますし、やはり作品をみながら解説してもらえる方がいいように思います。

作品では、やはりグッズに使われている物がとても強く心に残ります。

お客さんの話が聞こえてくる中に、「富士山はこんな形じゃない」てことが気になってるものがあって、いやー絵画にそこだけを求められてもなぁ、なんて思いました。人それぞれだなぁ。
あと、静寂な中で言葉が聞き取れてしまうぐらいの声は、ちょっと嫌ですね。
いっそ、ざわついてるといいんですけど。

グッズは、そんなに買うつもりはなかったのに、結局買っちゃったなー。
横山大観展で買ったもの チケットホルダー

折れ線の入った、屏風になる絵はがきは、そのアイディアにやられたって感じw

【「美術館のはしご」の続きを読む↓】

RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京 イベント

プレミアムな金曜日 #運慶展

東京国立博物館 平成館で開催の、興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」に、行ってきました!
特設サイト】。( http://unkei2017.jp/ )

行ったのは、2017年9月29日金曜日の夜。
初めて月末の金曜日「プレミアムフライデー」に、それっぽい事をしたことになりました。
別に早退したわけでもなんでもないので、そういう呼び名をしている日に、展覧会なんか行っちゃったぜ、て事なのですが。しかも、「プレミアムフライデー」って、最初にニュースになったっきり、ぱたっと聞かれなくなり、ついに経産省も見直しを検討とか言ってたりするぐらいです。

まあ、そんなことはどうでもよろしい。

とにかく、運慶展です。
金曜、土曜は、21時まで開館してるというので、それなら仕事上がりに行ってもちゃんと見られそうだと思ったのです。
それに、土日の日中は混みそうだし。

混み具合については、実は夜でも混んでるのでは?というのが心配の種でした。ある程度は仕方無いと思いますが、それでも、会期の初めの方で行った方が無難だろうということもあり、会期初の週末となる9月29日に決めました。

【「プレミアムな金曜日 #運慶展」の続きを読む↓】

RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : イベント 東京

雑誌で運慶の勉強


芸術新潮 2017年 10月号 [雑誌]

2017年春ごろ?
通勤で利用している駅周辺に、でっかい看板が出て「運慶?へー、そゆのやるのかー」と思ってから、毎日その看板を見つつ「行けるといいなぁ」なんて思ってました。

さあ、いよいよ翌日が初日!
というところにきて、前売り買うだけ買っておこうということに。
当日、チケット売り場に並ぶのを煩わしくなって、行きたい気持ちが出てきてもしぼんでしまいそうだったので。このころなら調子も悪く無さそうだし、行けるかな?といったときに、行けるように。

で、結局、無事見てきました。
それについては、別記事で書くことにして、その後「また行きたい」という気持ちから、ちょっと何かしらの解説を読んでみようかなと思って買った物を紹介します。
それが、冒頭に出した『芸術新潮2017年10月号』

運慶展にあわせて、いろんな雑誌やムックが出版されました。
それのどれでもよかったのですが、店頭でなんとなく目についたので選択。
いいも悪いもあんまり判断できませんが、うんちくも図版も一通りあるって感じです。
少なくとももう一回展覧会に行きたいので、しっかり読んでおこうと思います。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 東京 イベント

行きたいなぁ、という候補はいくつもある

暑さもそろそろ終わったか、と気温が下がってきた関東。
と思ったら、そこを通り過ぎて「低温注意」の方向で注意情報が出る事態になってます。
どうなるんだろう…。

まあ、ともかく、暑くは無いという季節がやってきました。
秋です。
芸術の秋ということもあってか、展示会情報が目に止まります。
情報を見てる時は、ああ、これよさそう。ここも行きたいな。と思いますが、実際に出かけるかというと、そういうことは無いのが近頃の私。そういう状態なのを振り返って、うう、と落ち込んだりもしています。あまりよくない循環。

さて、色々気になる展示会の中でも、特に気になるのは【特別展「運慶」】。( http://unkei2017.jp/ )
毎日利用している駅に、早々とでっかい告知看板が出て、いいなぁいいなぁと思っているのです。
それがいよいよ開催日直前というところまでやってきました。
前売り…買ってない。買っておいて、ここなら行けるかも!ってときに、休みをとって行こうかな、と思っていたのですが、あと1日しか余裕がありません(前売り期間)。

なんとか、行ってきたぞ〜!という記事がアップできるといいのですが…。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : 東京 イベント

3連休あって、ようやく

国立新美術館でやってる「ミュシャ展」】に行ってきました。
もう、平日の疲れとか色々先送りのものを、土日に積み上げてる日々に、これに行くのはなかなか無理かもーってへたれていたのですが、それなら3日間休みがあれば行けるでしょ?と自分に言い聞かせての観覧です。
まったく、そこまでしないと動けないのか…というガッカリ感はありますが、ともかく出かけたのでヨシとしましょう。

出かけるのをにぶるのは、混雑がいやだなーというのがあるから。
でも、フォロワーさん情報で、思ったほど混んでないような?という感じだったので、それも後押し。

実際、乃木坂駅に9:30ごろ到着して、そこから直結ルートが動き始めるのか、というのをそこで知りつつ入り口へ。自分は券を買ってないので、発券列に並びます。
が。
確かに、そんなに人がいない。
みんな、前売り券を買ってる人ばかりだからだろうなー。てことは、中の列がどうなってるか、かな。
なんてことを思いつつ、定刻前に発券開始されたので券を買って中へ。
他の展覧会もあるんで、みんながみんなミュシャ展に行くわけじゃないから、分岐の先へ。
ここが待機列か…。あれ?でも、やっぱり思ったより案外人が少ないかも。(とはいえ、もちろんずらっと並んでいるんですよ)

つーか、自分がいかに長時間並ぶ場面に多く遭遇しているか、というだけの話のようです。割とそばで、「すごい並んでる」という声がしてました…。うーん、経験値って重要ね。

今回の展覧会の目玉は「スラブ叙事詩」20点。
全展示絵画の、最初にどどーんと20点が見られます。
そのうち、数点については、なんと撮影OK!これはうれしい!…と思う一方で、何をどう撮ればいいのかまったく方針が浮かばず。なんか、もう何撮ってんだ?てものだけになっちゃった。

布の描き方 キャンバスの感じも撮れた

全体のは、どこかでは見られるのだから、気になるとこを切り撮る感じにしよう、ということで布。
なんか、シワ好きな人にはたまらないんじゃないか?て印象の布。

巨大な絵を、巨大なまま見られるのは、やはり現場に行ってこそ。 
小瓶だと、全く見えないだろうな…

それはわかってることなので、行ってしまえば楽しめるのだけど、その出かける一歩がなかなか…。今回は、なんとか克服できて、ほんっとよかった。

撮影できるところがある
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : イベント 東京

美術館で絵本を楽しむ

毎日、週末になったらどこそこに行くぞ、と思い続けています。
しかし、いざ週末になると、うだうだーっと過ごして結局どこにも行かずじまい。そして、そんな繰り返しが、さらに気分を落とす感じです。

それが積もってくると逆にえいっと出てしまえることもあるようで。
そんな出かけ先にしたのが、千葉市美術館の「BIB50周年 ブラティスラヴァ世界絵本原画展/− 絵本の50年 これまでとこれから−」【http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2016/0104/0104.html
同時開催の「春を寿ぐ 所蔵浮世絵名品展」というのも決め手の一つ。

絵本原画と、絵本そのものも展示されていて、ごく一部を除いて手にとって読めるようになっていました。

ここで、いくつか欲しいなと思った絵本がありまして、そのうちの3冊を列挙します。
■オホーツクの海に生きる/彦市じいさんの話 【https://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=39600010
木綿の布に型染版画というのが意表を突かれて、へえ、となったのですが、絵本そのものもを読んだら泣きそうになってあせりました。
絵自体もとてもかわいげがあって、いい味わいのものです。ちょっとこういうテイストで絵を描いてみたいな、と思うものでした。

■金曜日の砂糖ちゃん 【http://www.kaiseisha.co.jp/index.php?page=shop.product_details&flypage=flypage.tpl&product_id=2319&vmcchk=1&option=com_virtuemart&Itemid=9
絵が、手法含めて印象的でした。太い筆でかすれを出したり、細い線でさらっと描かれた感じがあったり、登場人物のポーズとか。絵本は3本収録なんですね、と、文庫の一回り大きめな、絵本としては小さい判の本をぱらぱら。
ちゃんと読んだわけじゃないからか、絵本としてよりポストカード集な感覚で、いいなぁと思った気がします。

■ピンク!パール!
こちらは、リンクの飛ばし先が見つけられませんでした。展覧会の紹介には福武書店から出版されたとありました。作者は村上康成さん。
絵がほわーんと、そして魚や鳥がキャラクターっぽく、絵本らしいなぁというもの。
とりあえず【Gブックスのリンクを入れときますか…
あと、【カーリルのリンク】。

とまあ、面白かったのですが、私の体が耐えきれず。2時間観覧してギブアップしてしまいました。もっとじっくり見ていたかったのですが、どうにもしんどくなってしまって。だんだん、そのしんどさゆえに、駆け足で見てしまうのです。もったいないですよねぇ…。なんでなのかよくわからないのですが。今回は、荷物もロッカーに入れて身軽にしたのに。
そういうことがあると、がっくりしてしまいます。

あと、そもそも、美術館に行くのに眼鏡を忘れてしまったのがケチのつきはじめってやつで。
ブツブツ…
あぁ、いかん、いかん。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : イベント 千葉

ブックフェア

第23回東京国際ブックフェア】に行ってきました。(2016年9月24日)
ブックフェアには、久しぶりに行きました。
過去、7月開催で暑くてたまらん!てなって、さらには予算も買った後の物を置く場所も無い、ということも加わって、すっかりご無沙汰に。
最近は、それ以上に「どこかに出かける」ということ自体が面倒になってしまったりして。

しかし、せっかくちょっと暑さが引いてくる頃に時期を変更してくれたイベントですし、出かけることが面倒になってると、どんどん引きこもってしまうので、と、色々自分に言い聞かせ出かけました。(そこまで必要)

おおむね楽しんだのですが、とにかくひたすら
買わない
買わない、
ほしがらない、
持って帰るの大変
と頭に浮かんでいたので、なんだか、そんな自分に疲れてしまって。
主催の方に申し訳ない状態でした。

予算関係無い、重量関係無い、ぱっと思った物片っ端から!な感覚で行きたかったなぁ。

というのと同時に、なんだか「これなら大型書店を何軒か梯子するのと大差ないかも」という部分もありました。昔のイベントだと、もっと、お店じゃないイベントならではの、楽しさがあったような気がするのです。

以下、ツイートより。




RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : イベント

海フェスタ東三河

2016年7月の海の日イベントとして、海フェスタ東三河が開催されました。
それに行ったのですが、レポを書くほどちゃんと整理されないまま時間が経過しました。でも、ちょこっとまとめ画像っぽいのを作っていたので、それをここに出しておきます。

みずほ体験航海 みずほ体験航海 カモメリア

体験航海のことしかありませんが。
いや、体験航海の部分も、もうちょっと、こう、色々ちゃんとしたいのですが。そもそも、素材ほとんどありません。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 海保 イベント

新東京丸で東京港クルーズしてきたよ!(2分の1)

東京都港湾局のfacebookに、【東京都:視察船「新東京丸」PORT&TOKYOロゴ仕様にリニューアル!/PORT&TOKYO記念乗船会を開催します!】のお知らせを発見!
やった!土曜日なら行ける!

てなわけで、申し込んだところ、なんと当選したのでいそいそと出かけてきました。

当日は、雨粒がちらっと落ちる感じの曇天…。
うう…。

いや、いい。雨じゃない。うん。
気温も低いけど、それは慣れてるから大丈夫!(つか、ずっと船内にいたので、杞憂に終わる乗船状態だった)

新東京丸 新東京丸ターミナル

冒頭に入れたリンク先がいつまで見られるかわかりませんが、このお知らせの段階では「画像はハメコミです」な状態でアップされていました。
それが、この乗船会の前日にしっかりとつけられ、お披露目となりました。

当選者たち

応募数510名に対して、60名の当選。ふおー、なかなかの倍率でしたー。
その当選者たちと、報道各社の取材スタッフ、東京港湾局の面々が乗船して、2時間ほどのクルーズ。
集合は、新東京丸がいつも使っている桟橋横の、小型客船ターミナル。次々と人が集まり、出港1時間前には、ほぼ全員がそろっていました…。うーむ、それぞれ何が目当てなのか謎の集団なのですが、すごい集まりいいですなー。(ただ、1名だけ、めっちゃギリだった)

新東京丸の船内
船内の印象は、まあ、想像通り。というか、他の自治体の船にも乗ったことがありますので、そうなるよね、というつくりです。

新東京丸は、東京都の視察船。普段は、平日に東京都が招いたお客さんを乗せて、港内を見学案内しています。この船には、そんなお客さんがいないとか少ないときに一般の人も乗ることができます。ただし、事前予約制。
東京都港湾局:視察船「新東京丸」利用案内
色々と段取りをふまなきゃいけないので、こういうイベントクルーズが見逃せません。…ただ、なかなか思うようなときに開催されなかったりして、どっちにしろ敷居が高いのですが。

そして、今回のクルーズは、先に紹介した平日のコースとは違うイベントコース。
竹芝〜第一航路〜羽田沖〜東京ビッグサイト前多目的ふ頭〜竹芝。
案内は、港湾局の広報の人でした。かなりしゃべりまくってたけど、情報盛りだくさんで楽しかったです。勉強になりました!

もうとにかく、竹芝桟橋を出た直後から、あちこちのふ頭の紹介が始まり、メモがおいつきません〜。写真も撮りたいし、大忙しでした。
見学中 拓洋

もう中央防波堤なんて、実態とあわないような感じの地域になってる海面処分場のあたり。海の森のあたりは、植樹とかのイベントで立ち入ることができるときもありますが、私はまだ行った事がありません。その地域も岸壁の工事が進んでいて、-10m岸壁や-16m岸壁をつくってまーす、という紹介が。もちろん耐震強化岸壁ってことで、物資輸送の拠点想定。むー、ここができたら、いずもとかお試し停泊とかやっちゃうんだろうなー。それを見るには城南島からですかね。(先走りにもほどがあるw)

-16m岸壁
ここが-16m岸壁だって。

羽田空港沖を航行中 位置図

平日のコースでは見られないものは、実は船内にもありました。それが、「貴賓室」。乗船しているデッキの上にあります。
貴賓室 船尾側船室

やっぱ、ちょっと雰囲気が違いますね。

2分の2につづきます
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : 東京 東京有明・お台場 イベント

FC2カウンター

更新履歴より最新の3件


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スマホリング販売中!
スマホリング area-b BOOTHにて、スマホリングを販売中です!
ぜひ、ご利用ください。
別のアイテムならいいのにな、という場合は、pixiv FACTORYのどのアイテムを希望するか、お教えくださいませ。可能ならラインナップに加えさせていただきます。
カテゴリ
CB (42)
ZP (86)
ユーザータグ
下記単語をクリックすると、その単語をタグ(キーワード)に設定している記事だけをとりだすことができます。

海自  ボンズ コミケ イベント 陸自 NHK 横須賀 東京 東京有明・お台場 晴海 空自 千葉 観艦式 習志野 返信 海保 DVD 横浜 船橋 幕張 大阪 テレビ 空へ CD 下総 米軍 神戸 月島 TV 同人誌 BD 名古屋 松山 映画 ラジオ 豊中 小樽 京都 新宿 船の科学館 佐世保 年賀状  造船 

月別アーカイブ
06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
nextnbsp;