FC2ブログ

C96御礼

2019年夏コミのサークル参加が終わりました。

ご来訪いただいた方、意識を向けていただいた方、みなさま、ありがとうございました。
おかげさまで新刊は準備数が頒布終了となりました。
通販については、PDFでのご提供を考えています。

これからは、天国の扉20周年記念本への準備を進めて参ります。ぜひともご協力をお願いいたします。
なお、2020年5月のC98は申し込むつもりですので、そこでの新刊は制作予定です。引き続き、うっすーいコピー本だと思いますが、これから企画を詰めていきます。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 同人活動日記
genre : アニメ・コミック

tag : コミケ ボンズ

AnimeJapan2019

AnimeJpana 2019】に行ってきました。
一般日が2019年3月23・24日に設定されていて、初日の23日に行きました。

BEMの紹介ブースにて

ボンズ


入場が7ホールからだったので、入ってすぐにブースがありました!
え?ここ?そうだっけ?
サイトでチラッとみた会場図とは、入口が違いました…。
AnimeJapan 2019 ボンズブース AnimeJapan 2019 ボンズブース AnimeJapan 2019 ボンズブース AnimeJapan 2019 ボンズブース AnimeJapan ボンズブース

(余談&アフィリエイト)

まだ、A.I.C.O. Incarnationを見られてないのです…。ネット配信のアニメなのですが、円盤を出して下さいました!てことで、どーですか、あなたも私といっしょに、買ってみませんかー


ブースと展示


ここで、展示されてる作品をいちいち紹介するのは意味がありませんので、今回印象が強かったものを列挙します。
まずは、ディスプレイ。巨大な装置が多く使われてました。まあ、今回が初めてではありませんが、どこもかしこもそうなったなぁ、と。
AnimeJapan 2019 ディスプレイ

後は、立体物。
ブースそのもののつくりで印象的だったのが、ここ。
おー、ビームサーベルだー。
AnimeJapan 2019 バンダイのブース

作中に出てくるものが、置いてあるのは当たり前です。
AnimeJapan 2019 ゴジラ

もらったもの


今回は、大判はがきになるような、カードがあちこちにありました。
AnimeJapan 2019 もらってきたもの

またまたA.I.C.O. Incarnationアピールw
音楽が、岩代さんなのも気になるポイントでっす。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アニメ『A.I.C.O. Incarnation』Original Soundtrack [ 岩代太郎 ]
価格:3564円(税込、送料無料) (2019/3/31時点)


RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : イベント ボンズ

ボンズ20周年記念展 小倉版 で、南さんトークショー

小倉にて

小倉で開催された、北九州ポップカルチャーフェスティバルというイベントで、2018年11月10日13時からの南さんトークショーを観覧しました。
まず最初にスクリーンで映像上映。20周年記念で作った全作品ノンストップ映像を血界戦線曲にのせて。(展示会場ではアニメフェアで上映している版を流している)

たった一人でご登壇。なんと進行含めて全てをお一人で、という事でした。誰か進行がいて、インタビューするんじゃないのか!という衝撃。

前日入りして、展示チェックをされたよう。その時か、展示会場のメインビジュアル看板にサインがありました。展示物は、東京からデータ送って、出力品を展示。膨大な量に九州スタッフに動揺が走ったとかとか。(だからカラーコピーな質感)

冒頭上映映像について、ボンズはアクションを期待されてることもあり、全作品映像にはそこを中心にしたとのこと。権利関係が問題だろうとは思うものの、ファンとしては市販して欲しいなーと思わずにいられない。

トークショーは30分で、そんな短時間にどれだけ語れるか…と前置き。まずは、20周年だし、制作の基盤あたりから。
ボンズ制作物についてのアピールは「手描き」のこだわり。もちろんCGも取り込むが、手描きでの表現は無くしたくない。ハイブリッドは増やす傾向だけど、手描きを無くしたくない。最新作(当日が公開初日)劇場版エウレカセブン『アネモネ』でも使っている。でもここでは人物CGでメカ手描きってシーンもある。大抵は人物手描きでメカCGとなるところだが、メカもキャラクターだと思うので、手描きで表現する部分もある。とは言え、メカ手描きは大変!線多いし動きも複雑だし。

ボンズ前にGガンをやってたとき、バンダイの人に、おもちゃにからんだ話で、ロボットは目が命と言われた。そこからあれに出る100体ぐらいのデザインで、目の部分は全て変えている。(南さんが結構熱く語っていて、「俺、なんでこんなにサンライズの宣伝…」てなってる)

今回のイベントを機会に、「展示を見て、このボンズ作品知らないというのがあれば、見てください。私が言うのもナンですが、どれも面白いです。」
NHKの大河ドラマが『西郷どん』ですが、この時代を舞台にした『ヒヲウ戦記』てのがあります。見た人…(挙手)…結構いるね。(おー、多い。嬉しい)面白いですよ。
あと、最近だとA.I.C.O.がNetflixというところでネット配信なのですが、2019年2月にソフト化されます。そちらでもぜひ見て下さい。

ボンズは、色んな作品を作ってますが、最近『ひそねとまそたん』というのを放送。
見た人いますか?(見てる人少なかった!意外。)「あれ?見てる人少ないですね」
空自の話ですが、ドラゴンが飛行機になって飛ぶんです。何言ってるかわからないですねw ドラゴンが飛行機のコスプレしてるアニメです。(おいおい)
かなり好評で、この後ボックスで出る。このタイトルが、接触編と発動編。ん?ここ笑うところです。どこかで聞いた事あると思った人もいるでしょう?実は『イデオン』からで、ちゃんとサンライズと、そこ経由して富野さんの許可を頂いたタイトル。

今後の話。余計なことを言わないように釘をさされ、原稿があるので読む南さん。(ちょいちょいイベントで、「あれ?今のNG?」て場面がある)
文スト
3期決定。時期…(オフレコレベル?)まぁ、来年じゃないっすかねー!(どっと笑い)
ヒロアカ
3期の終わりに発表された通り4期決定。「これも来年じゃないかな。」アクション好きな人は見て欲しいとのこと。
キャロル&チューズデー
プルスウルトラ枠(今、Ingressやってる、と説明)で、ナベシン監督です。Netflixでも配信。
スペースダンディ
これまた観覧者に聞いてみたが、見てる人案外少ない。
「ダンディ知らない人は絶対見ないといけない作品だよ!」(めっちゃ推してる南さん)
色んな人が参加してて、スタッフフェチの人は見るべき。

最後にってことで『アネモネ』予告映像上映。
上映開始日でもあり、めっちゃタイトルを連呼する南さん。「この後で見に行ってはいかが」
三部作で、その二作目。一作目の色々を3割回収してます。(3割?と場内若干反応)アネモネから一作目のハイエボリューションに戻っても面白いよ!

というところで時間いっぱい。
「これからもどんどん作っていきます。」と力強く宣言して終了。
南さん、ありがとうございました!誰かとの掛け合いもいいですが、たまにはこういうのもいいですね。

小倉で入手したもの
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : ボンズ イベント

ボンズ20周年記念展Part2

ボンズ20周年記念展Part2が、2018年11月14日から始まるのにあわせ、休みを取って行ってきました!

最近の作品中心ということもあってなのか、会期後半だからなのか、Part1のときよりも人が多かったです。
でも、やっぱり、撮影自由ってことなので、ばっしばし撮ってきました。
これまた、片っ端からアップしてると、収集つかないので、ひそまそ分を出します。(ツイート速報用に出したやつ)

ひそまそ:ボンズ20周年記念展Part2 ひそまそ:ボンズ20周年記念展Part2 ひそまそ:ボンズ20周年記念展Part2

ひそまその背景画は、岐阜基地でお土産絵はがきに採用しちゃいなよ!って思ったわ…。

今回の私のメッセージ付箋はこんな↓
ボンズ20周年記念展Part2でのメッセージ付箋

会期最後の3連休は、イベント花盛り!って状態で、行く人はとても幸運ですよね。ばっちりしっかり見聞きしてきていただきたいです。(言われなくても!ってことだと思いますが)
私は、イベント情報見た時点で、すっかり募集枠埋まってたから、どうにもなんないのですが、そもそも3連休は関東にいないスケジュール。終わったな、という状況です。
でもでも、こうやって、実際に足を運べたというのは、本当によかったです。

何度も言いますけど、本当に、ボンズの皆様はじめ、関係者の皆様に感謝をいたします!
来年からの他地域開催も、楽しみにしています。(行ける場所と日程なら、行きますとも!)
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : ボンズ イベント 東京

ボンズ20周年記念展 part1

2018年は、アニメ制作会社「ボンズ」の20周年という記念の年。
ということで、なんとなんと記念展が開催されることになりました。
まずは東京からで、次に小倉、その後他の地域でも開催予定とのことです。

で、東京の初日2018年10月26日、お休みをとって行ってきました!
(土日は、多くの来場者があるだろうなと思って)

会場は、市ヶ谷にある東京アニメセンター。おお、そこならよく知ってるぜ!てことで、うきうきと出かけましたところ!
な、な、な、なんと!!!!
会場内、撮影自由というご案内が。

ま・じ・でーーー!?
一緒に行った友達と二人で驚いてしまいました。ということで、ばっしばっし撮ってきたのですが、いやもう、この場内をどのように撮影すればいいのよ!ってぐらいあれもこれもと気もそぞろ。そのうえ、音声ガイドも借りたので、情報がどっさり。

ボンズ20周年記念展

なんかもう、ふわふわしたうちに出てきちゃったって感じです。ちょっと、もったいない観覧の仕方だったかも…。とはいえ、二回目の観覧が入れ替え後のpart2になりそうだったので、できることはやっとかないといけなかったのです。

ボンズ20周年記念展

やー、ビバップはサンライズ作品だから展示はほとんど無いに等しかったのですが、それでも川元さんのスケブが見られたのは、サプライズに近いうれしさでした。(記憶違いかもしれませんが、かつて開催された川元さん個展でも公開されたヴィンセントだったように思います。初期の頃だと、がっつり「あの人」の顔ですね)

今回の展示会で、逢坂さんのコーナーが設けられたのは、とてもよかったです。って、まあ、あの人を抜きに語れないですから、当然と言えば当然なのですが。
亡くなられたすぐ後の追悼展以来でもあり、ここで改めて足跡をたどるのは、新たなファン層にも伝わっていいですね。

東京アニメセンターには、カフェもあります。
そこも記念展カフェになっていて、テーブルが記念ロゴ仕様になっていたり、壁のディスプレイもグッズ展示ケースになっていたりしました。
ボンズ20周年記念展

付箋にメッセージを書いて、寄せ書き風タペストリーがあったので、私も参加しました。
ボンズ20周年記念展

メッセージは、展示会場外の「交流ノート」にも記してきました。

【「ボンズ20周年記念展 part1」の続きを読む↓】

RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : 東京 ボンズ イベント

ひそまそ〜

2018年春アニメの、『ひそねとまそたん』をご存じでしょうか?
私が個人的に応援して、そして何より色々と楽しませていただいている作品を送り出している、制作会社ボンズのオリジナルアニメです。

いやー、面白いです!
こういっちゃナンですが、ちょっと斜めに構えて「えー?航空自衛隊とドラゴンー?大丈夫かいな」なあんて、始まる前は思ってました。ええ。すみません。ほんとに。
これがだんだん、公式アカウントからの直前ツイートに、いや、結構期待できるかも?となってきて、第1話で、うわーこれはえらいことだ!となり、毎週楽しみに待っている状態に。

しかも、あろうことか、サントラを予約までしてしまいました!(これを書いてる時点では発売前)
そんなことって、何年ぶり?
さすがに、色々な縛りは強くて、片っ端からグッズを買いあさるというのはありませんが、そういう力があるときならやっていたかもしれません。どころか、岐阜基地に行っちゃうかも。

しかし、そういう風に書いてるだけあって、もうそんな勢いは一瞬で消える私です。
とりあえず、サントラ予約して、毎週の放送をじっくり見て、それでわりと満足。

作品は、もうこれぞアニメだよね!そうこなくっちゃね!というところと、実感のもてるリアルなところと、ほんとに楽しめるものです。もしも、まだご覧になったことがなければ、ネット配信とか、この先に出るディスクリリースで追いかけていただきたいなと思います。
一応、監督としては、1話ずつ、間に1週間をはさむ時間の流れの中で見ていただきたい、というご希望があるようです。もしお時間のゆるす人は、そういう放送リアルタイムなスパンでお楽しみください。

【アズメーカー】ひそねとまそたん クリアファイルB[グッズ]​​
ひそねとまそたん 岐阜基地OTF部隊章ベルクロワッペン[グルーヴガレージ]《07月予約※暫定》

さて、満足しつつそろそろ最終回がすぐそこ、という頃になってきて、さびしくなるなぁと思ってます。
そこに新たなグッズ情報が!
​​
ひそねとまそたん 公式設定資料集 (仮)[本/雑誌] (単行本・ムック) / ポストメディア編集部

げえっ!

うへー。そんな情報見ちゃったよ…。
ちょっと、欲しいかも。
ひそまそ絵を描いてみたいような。でも、うっすらすぎて実現しそうにない気もします…。
なのに、買ってもなぁ。

あああああ。(ごろごろごろごろ
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : ボンズ テレビ 空自

2018年

年賀イラスト2018年

2018年になりました。
抱負も計画も、これから整理しようかな?ぐらいの調子です…。

同人活動は、C94に申込み予定で準備中です。新刊、というよりは、2020年の特別版コミケ?への予告編かなぁとうところ。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 同人活動日記
genre : アニメ・コミック

tag : ボンズ

2020年5月に向けた野望

2020年GW『DOUJIN JAPAN 2020(仮)・コミックマーケット98』開催のお知らせ
http://www.comiket.co.jp/info-a/doujinjapan_announce.html
2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催決定以降、参加者・関係者の皆さんにご心配いただいていた2020年夏「コミックマーケット98」の日程ですが、2020年5月GWの東京ビッグサイトにおいて、上記の同人誌即売会および関連するキャラクターコンテンツの展示即売会を主催している各団体等のご協力の元、「DOUJIN JAPAN2020(仮)」と題したプロジェクトの一環として、開催する運びとなりましたことを、ここにご報告いたします。

というのが発表されました。

コミケだけをとらえて言えば、C98とコミケットスペシャルをまとめてやっちゃう、という感じでしょうか。
そこにほかの団体も加わって…?ど、どうなるんだろう。

そのへんはわかりませんが、当サークル「area-B」としては、超低空飛行の活動から浮上するきっかけとしたいと考え始めています。今から企画をねって丁度良さそうな時期ですし。
いったん思いつくと、野望は数々ありますが、現時点で思っているのは、
「誌上ボンズオンリーイベント 第二弾」
です。
前回の2010年から丁度10年というめぐりあわせもありますし。(まだ、在庫あります!→【通販頁:コッツンフェス】)

ボンズが制作した全ての作品を題材にした、アンソロジー!
10年たって作品の増加もすごいことになってますが…(汗
そろそろやりたいなーとぼんやり思っていたことでもあります。

何か、それに関連して提案やネタがありましたら、お聞かせいただいても結構です。今から、投稿作品をご準備いただけるなら、さらにうれしく思います(気が早すぎますね…)。

ぜひぜひ、みなさんのボンズ作品への愛を集めて、記念すべき2020年の1冊にしたいと思います。

アニメ関連だとボンズですが、あとここらでもういっちょ頑張りたいと思うのは、海自イベント本。
せめてあと1冊、自分で区切りにできるようなものを形にしたいです。
こちらも、本当は、いろんな人にご寄稿いただきたいところなのですが、そういうののってくださるジャンルじゃないのかなぁ?とかいまひち踏み出せません。
アンケートとか、そういう集めるための工夫でなんとかできるといいのですがね。
まずは、自分の中で、ちゃんと企画を具体化させて、こういう場で発表できるように考えます。関心あるなぁ、と思われたら、今からでもご一報ください。そういう反応あると、ちょっと頑張っちゃうぞ!て思う単細胞なので。

アインと小瓶
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 同人活動日記
genre : アニメ・コミック

tag : コミケ ボンズ 海自

『カウボーイビバップ天国の扉』監督インタビュー記事掲載


アニメージュ 2016年 07月号 [雑誌]

2016年6月売りのアニメージュ7月号に、『カウボーイビバップ天国の扉』記事掲載!
なんと、監督インタビューです。総量2頁ですが、サンライズの名作紹介としてトップに来たのは特筆すべき事でしょう!

そして、毎年夏に開催されている【サンライズフェスティバル】は、「サンライズフェスティバル2016満天」として2016年も開催。上映作品として『カウボーイビバップ天国の扉』もラインナップされています!(2016年8月8日レイトショー)
見た人も、まだ見てない人も、ご都合のいいかたはぜひご覧下さい。

そして、できれば同人企画【kohd15】にご参加ください♪
『カウボーイビバップ天国の扉』15周年記念企画「kohd15」
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : ボンズ

サンライズフェスティバル2016

2016年の夏も、「サンライズフェスティバル2016」が開催されます。
その中で、15周年を迎える『カウボーイビバップ天国の扉』上映も2016年8月8日に決定!
参考:【上映カレンダー

まだ劇場でご覧になったことが無い方、久しく見てない方、結構ソフトで見まくってる方、それぞれお出かけいただきまして、ぜひとも15周年を楽しんでください。
そ、そして、当サークルでの同人記念企画にご参加ください〜。
アンケート回答は1問から受け付けておりますです。
http://areab.la.coocan.jp/kohd15/

RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : ボンズ

FC2カウンター

更新履歴より最新の3件


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
お世話になってます♪
アフィリエイトリンクでーす。
スマホリング販売中!
スマホリング area-b BOOTHにて、スマホリングを販売中です!
ぜひ、ご利用ください。
別のアイテムならいいのにな、という場合は、pixiv FACTORYのどのアイテムを希望するか、お教えくださいませ。可能ならラインナップに加えさせていただきます。
J Tweet
カテゴリ
CB (42)
ZP (86)
ユーザータグ
下記単語をクリックすると、その単語をタグ(キーワード)に設定している記事だけをとりだすことができます。

海自  ボンズ イベント コミケ 陸自 東京 横須賀 NHK 東京有明・お台場 晴海 千葉 空自 観艦式 習志野 海保 返信 横浜 DVD 船橋 テレビ 幕張 大阪 空へ 下総 CD 神戸 米軍 松山 月島 同人誌 BD 名古屋 小樽 豊中 船の科学館 ラジオ 豊洲 映画 京都 新宿 年賀状 佐世保 青森  造船 

月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
nextnbsp;