FC2ブログ

てくてく東京(青海)

2020年2月のゆりかもめ青海駅あたり。
テレコムセンターからビッグサイトに向かって歩いてると、こんな道あったっけ?と思って通ってみました。
水辺への道

へー、ここから公園に出られるのか。
水の広場公園と地図にあります。この公園は、整備直後の植栽もまだまだ植えたばかり、みたいな時に来た記憶があります。ブログを検索してみると、2012年11月【東京のウォーターフロントを歩く:お台場】の出来事だったようです。ひえー、8年前?
近くには来ても、公園には向かってないからなぁ。

水の広場公園入り口

園内には、早咲きの桜が見頃を迎えてきれいです(2020年2月14日時点)。曇り空なのが残念でした。
早咲きの桜


RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京 東京有明・お台場

てくてく東京(お台場)

お台場海浜公園の沖に、オリンピックシンボルの巨大モニュメントが登場しました。それを見つつ、海浜公園の工事がどうなっているのかを見てきました。
お台場海浜公園(オリンピックシンボルモニュメントとスロープ) お台場海浜公園(工事案内)

工事予定が「〜」の終わりを示してないことに、それはどうなんだろうと思いつつ…
まだまだ公園内には入れないのですね。

ここまで来たら、ついでに船の科学館あたりに足を伸ばします。
東八潮緑道公園工事案内

宗谷に足場がとりついてて、中から外から整備しているようです。
この周辺公園も、まだまだ整備中で立ち入ることができません。オリンピックが終わってから完成版を見ることになりそうですね…。え、競技を見に?いやいやいやいや…

宗谷に足場

あ、その前に、客船ターミナルが供用開始になったら出かけるつもりはあります。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京 東京有明・お台場

てくてく東京(有明北緑道公園)

東京では、水辺の整備をあちこちで行っていて、徐々にいろんなところが入れるようになっています。
そんな様子を見てきて、あそこが、ここが、と行ってみたい場所が増えてきました。その中のひとつ「有明北緑道公園」に行きました。

豊洲埠頭のぐるり公園に行くようになって、隣の護岸に公園を整備しているのを知りました。かねてから、ゆりかもめ車窓や水上バスから眺めていた公共岸壁の向かい側。これはもう、できあがったら行くしかないだろう!と思っていたのです。
で、検索してみるとグーグルマップに名称が表示されていますし、口コミも書かれています。よーし、と近辺を歩いてみたのですが、どうも入り口がわからない。ルートが限られていて、道路のどちら側にいるかによって、簡単にはたどり着けないことが判明。ちゃんと把握してから向かわなければならないようです。

ようやく入り口が把握できたので、いざ出陣!

わかりやすい入り口は2カ所。
有明北緑道公園入り口(1)
そのうちの一つから入園。
有明クリーンセンターの湾岸道路沿いになります。看板中の「現在地」がわかりますかねぇ?中央上の方にあります。
そのまままっすぐに歩くと、のぞみ橋の下をくぐることになります。こののぞみ橋からも入ることができます。ただし、道路の片側にしか入り口がありません。豊洲埠頭から歩いてくると、道路を渡ってから橋の方に移動する必要があります。

公共岸壁の様子
公共岸壁は、まだ整備が完全に終わってないのか、資材が見えたように思います。
海保の測量船が主に停泊していますが、気象庁のフネも利用しています。そういや、最近見ないなぁ…

公園周辺地図
そして、出入り口は二つと書きましたが、実はもう一つありました。それがこの地図看板がある場所。
木村屋の工場があるんですけど、その横の路地を入るルート。地図に出てこない!!知る人ぞ知るってやつですね。でも、ちゃんと整備されてます。地図看板を背にして見ると次のような光景。
路地?ルート

豊洲埠頭からは、ここが最短です。

最後に、公園からレインボーブリッジ見た感じをどうぞ。
公園からレインボーブリッジを望む

人がいなくて、静かなのはいいけど、ちょっと心細い場所でもあるかな。

この公園は、この先有明テニスの森駅方向に整備をしていくみたいです。

海上公園なび:有明北緑道公園
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京 東京有明・お台場

てくてく東京(日比谷)

東京ミッドタウン日比谷】に行ってきました。
テレビで、パークビューのテラスを紹介していたのを見て、おお、そういえばオープンしてから行ってないぞ!と思い出したから。そして、テラスに行ってみたかったから。(パークビューガーデンという名前がついてる)

サイトを見ると、どうやらこの場所は朝8時から解錠されているようで!それもいいではありませんかっ。というか、店開ける前に、開いているとはどうしたことか…。ただここに来たいという人をいさせてくれるその発想は、どこからきたのかなぁ。(そんなに意味のある事じゃないのか?)

ともかく、来ましたよ。
東京ミッドタウン日比谷 東京ミッドタウン日比谷
二枚目は、振り返って建物を見たもの。
高層ビルって、規則正しい線がいっぱいあって、じーっと眺めてしまいますが、高すぎてふらつくのが困ります。(どうも遠近感がおかしいというか…)

まあ、眺望の割と重要ポイントとなる日比谷公園が整備中なので、若干寂しいところですが、それが終わればかなりいい感じになりそうです。
テラスだけでなく、屋内の同じ向きになる面には、各階にベンチがあり、窓も大きく作られているので、休憩にぴったり。

東京ミッドタウン日比谷
ちなみに、公園側から撮影すると、上のような感じ。
途中の区切り部分がテラスになっています。

さらに、屋内施設には映画館もあり、なんたって東宝!な有楽町(ほんとか?)なので、外だけじゃ無く、ロビーにゴジラがいました。
ゴジラ(TOHOシネマズのロビー)

このロビーもやはり窓が大きくて、眺めがいいです。訪問日が快晴だったので、よけいに感動的。
上映中はほとんど誰もいないロビーは、売店で軽食も買えるので休憩にいいですね。なんたって、有楽町価格に比べてリーズナブル。なかなかの発見。天候によっては、屋内でしか休憩できないことがあるので、それがどこにあるかを知っておくことは重要なのです。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京

東京タワー

TOKYOアニメツーリズム2020デジタルスタンプラリー】で、ヒロアカコラボ。
アニメにちなんで、指定された場所で仮免許を取得するってことらしい。
とりあえず一箇所行ってみるかーと、実際に訪れたのは東京タワー。
飯田くんとタワー
ここは、飯田くんだったらしい。

フレームもゲットしたので、記念撮影。

それにしても、東京タワーに来たのは久しぶり。
前に来た時は中に入ってないので、せっかくだからとメインデッキへ上りました。
そういえば、最初に展望室に入った後にリニューアルしたんだった。内装が今っぽい(笑

東京タワーパンフレット

この日はいい天気だったので、見晴らしもよく、富士山も見えました。

お土産は、「金時さぶれ」というお菓子。
芋味がちゃんとして美味しかった〜
金時のさぶれ

最近、「新型コロナウイルスによる肺炎」に話題で賑わっていて、中国からの観光客が激減している状況。この時点では、国内での広がりはなかったのですが、メインデッキに上がるエレベーターは私一人だけでした。別のタイミングでは、何人かいらっしゃいましたが、それでもかなり来館者が減っている様子。個人的には、ゆとりある空間はありがたい。
このまま、国内で広がりが止まっていればいいのだけど、そうもいかなくなってきたかなー
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京

てくてく東京(豊洲埠頭〜新橋)

東京の晴海埠頭に、こじまが入港するというので、眺めに行ってきました。ついでに、豊洲市場に行ったり、ブラブラしてきました。

スタートは、豊洲駅。護岸沿いに出て、そのまま水辺を市場まで歩きます。入港時刻が9時だと思っていたので、8時過ぎに市場近くに到着。そんな時間帯の海辺ですから、それなりの装備で出かけたのですが、案外気温が低くならなかったし風もそんなになかったので、寒さは無くて助かりました。
時間があるので、市場内に入ってトイレ休憩。入港を見てから食事をしようと思っていたので、なんとなく空いてるお店に誘惑されないようにそそくさと再び外へ。

階段状になっている公園の斜面に腰を下ろして、そろそろかなと待ちます。
階段状の斜面(余談ですが、この段々がかなり苦手です)

…あれ?

…晴海に人が来る様子も無い。今回は、観客なしかな?

そろそろ入ってきてもいい頃。なのに、船は見えません。
9時を過ぎて、さすがに入ってこないってことは違うよな、と、ここで初めてサイトを確認。すると、10時でしたー!
なんだよ1時間違うやんかー。なら、先にご飯食べておけばよかった。今からだと、微妙に困ることになるので、このまま外にいることにします。せっかくなので、豊洲埠頭に新たに作ってる施設の工事を撮影。
豊洲埠頭に新施設建設中

食事できそうな情報をどこかで見た気がします。
何にしろ、夏場や冬場、雨天時の避難場所ができるのは、助かります。あとは、実際「使える」かどうか。
さらに、富士見橋の向こう、有明の方にも沿岸部を公園として整備しているのですが、その様子も眺めてみました。まだまだこれから工事する、という感じです。海保の測量船などが利用している公共岸壁を向かいに見る部分には、有明北緑道公園があるのですが、そこには豊洲からだとほいほい行けないですかね?行き方がわからずまだ未踏の地です。(ただ、首都高側に入り口があるのは確認済み)

そうこうするうちに…
こじま入港 こじま入港準備作業

来ました、来ました。
私は、あまり東京港でこじまが広報する印象が無いので、とても珍しい光景として眺めていました。この翌日に広報するみたいですが、もちろん、一般公開じゃないので見に行くことはできません。

これで第一目標は完了。さ、ご飯を食べに行こう!

てなわけで、市場内に戻って腹ごしらえ。ちょっと寄り道して、お土産になりそうなものがあるかな、とか、物販をぶらぶら眺めていたら11:30。おっとお昼になっちゃうと、急いで飲食店フロアへ。さすがに豊洲なら寿司っしょ!という人ばかりで、そういうお店は大混雑。私は、ご飯が食べたいのぢゃ、と親子丼のお店へ。待ち時間なしですぐにお腹いっぱい。ごっちそーさまでしたー。

続いて第二目標。
ここから歩きの部。
まずは、豊洲大橋を渡って、晴海の公園整備の様子を見てみます。
さきほど撮影していて、船の向こうに見えるマンションの位置に、ああ、あの部屋に居たらフネも見放題やなぁと思いました。そこに住むのは難しいですが、公園なら行くことができますので、できあがりが待ち遠しいです。
晴海埠頭の公園整備の様子
これまで、晴海埠頭に艦艇が入港しても寂しい感じでしたが、これからは電飾も近くでじっくり見られそうです。「じかーん」の声もバッチリ聞こえますね。

さらに第三目標
築地大橋を歩いてみます。
実は、築地大橋のことを忘れていまして、今回のお出かけで地図を眺めていたら、築地大橋の歩道に目がとまり、あ!ここ歩いて渡れるのか!となったのです。まるっと頭から抜け落ちてました…。

そういう整備をしての道路なのですが、豊洲大橋からずっと一直前で、汐留まで行けるんです。途中、黎明大橋というのを通り、思いがけずこちらも初通過となりました。
徒歩ルート

築地市場の跡地も、すっかり何も無くなってしまい、広大な敷地が出現。しかし、ここに道路が通るんでしたっけ?何やらもったいないような…
橋を挟んで反対側は竹芝方向。この竹芝界隈も再開発で、あと何ヶ月かするとあれこれオープンするようです。
築地大橋から竹芝方向を望む

渡りきったら汐留駅周辺。あとは、新橋まですぐなので、そこまで行ってから電車に乗りました。
歩いた、歩いた。
豊洲〜築地は1時間かからなかったので、直線距離は短いと思いました。これがオリンピック、パラリンピックで、効果を発揮できるのかどうか?そして、その先の整備では?まだまだ落ち着かない工事が終わるのは、いつのことでしょうか。

ともかく、3つの成果をあげて、満足感たっぷりの1日でした。

参考:
豊洲ぐるりパーク
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京 海保 豊洲 晴海

スターウォーズのキャンペーン

書きそびれて年が変わり】にちょろっと出しましたが、2019年12月に東京丸の内かいわいで、スターウォーズの映画キャンペーンと年末のイルミネーションイベントが合体した展示物がありました。
ちょろっと行って撮影したものの、どうも撮影時からどうしたものかと思ってこれといった成果が無かったのですが、そうなるとどう加工しようとも、ぱっとしないものになります。

しかし、せっかく行って撮ってきたのだし、と2枚ほど画像を作成してみました。
ツリー型 ドーム型(中にも入ってみた)
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京

書きそびれて年が変わり

2019年12月に東京丸の内をブラついたんですが、そのときの事を書きそびれ、でも諦めきれず撮影物1枚
2020011420263296c.jpeg

三角形のオブジェは、スターウォーズのイメージオブジェ。丸の内のあちこちにSW映画キャンペーンで、色んなオブジェがありました。

さらに2019年はラグビーワールドカップ開催で大盛り上がり。丸の内も早くからなにかとイベントをやってました。年の最後までラグビーボールオブジェがありました。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京

東京みなと祭2019

この記事は、ブログにアップする予定メモに埋もれていたものです。
メモのまま公開しますので、色々とおざなりで失礼いたします。
東京みなと祭2019は、2019年5月18・19日に開催されました。

2019年5月?日(どっちか確認しないとわかりません…そして、確認してません)てるづき公開を見てきた。
このところの定番コースとして、豊洲市場の屋上からスタートし、歩いて晴海埠頭へ。9時前に到着した客船ターミナルの待機列は、岸壁入り口から送迎デッキの端あたりまでの感じ。まぁまぁの出足です。

しばらくして、岸壁の中に誘導され、どんどん待機列が伸びていき、日差しもきつく気温がかなり上昇していきます。ひょっとして、開始時刻前に乗艦開始か?なんて淡い期待もさらっと退け、定刻に広報開始。後で岸壁の様子を見たところ、すっかり列も解消されていたので、定刻で問題なかったみたいです。最初に並ぶ人がおわれば、あとは列が形成されても、そんなに酷く待たされる様子はありませんでした。

てるづきに乗艦


さて、ともかく乗艦。
パンフレットもらえなかったのは残念ですが、こちらももう物理的な資料をもらってしまうと、後々整理に困るって話になってきてますので、ちょっとホッとしたところもあります。

公開範囲は、上甲板のみ。募集対象者向けに、艦内特別見学会はあったようです。羨ましい…。ここ最近は、一般公開で、艦内に入れることがなくなりました。それだけに、対象となりうる人は、機会を見つけて積極的に参加していただきたいです。自衛隊にどういう関心度があるのかはよ脇に置いて。

中央付近から乗艦、前に向かって移動。ちょうどその時、なにやら艦首あたりが入場規制を始めた。どうやら単射砲を動かすようです。てるづきの単射砲は、砲身8mあるようで、VLSより前が全て立ち入り禁止に。数字にするとえらく長さが強調されますね!
アナウンスによると、1時間おきぐらいで何度も実施するようですから、後で岸壁からも見てみましょう。
さ、始まりました。私は、てっきりこれまで見たことがあるように、向きを変えて砲身も上下させる展示だと思っていて、実際その通りだったのですが、ちょっと違ったのが「対空戦闘」を展示したこと。それも「たいくーせんとーよおーい」などのアナウンスだけじゃなく、音と動きから実際撃つ動きをしています。
ガチャコンガチャコン、
パコパコ、
という音が!ふたが開閉してる!
へー、そうか、こういうペースになるのだなー。と、実感されました。あと体験してないのは、音ですね(古い艦の訓練展示で見たことはありますが、新しいのは知らない)。発射時の音が無いせいで、開閉音が間抜けな感じ…
展示とはいえ、その砲身の向きはどこに向かっていたのかな、と確かめたくなりましたが、よしておきましょう。
推測ですけど、展示でも「対空戦闘の流れ」を開始したら、発射するとこまでセットになってるんでしょうね。ちょっと、意外な展開でした。

展示が終わって前甲板が解放。ぶらぶらと歩き回り、話せそうな隊員に声をかけます。

スカート出入り口


*スカート:上甲板舷側にある通路で、上部構造物と一体になっている囲いがある部分
水密扉のツルツルピカピカに目が止まります。
開放されてるがために目がいきますが、全てそうなっています。ピッタリ閉じなければ問題ありますから、当然のこと。常にしっかりと整備をします。扉を綺麗にするのは、そこの装備品を担当する隊員。物品整備に、扉のことも含まれます。
ペンキ塗りも、担当する装備に関連する人がその場所を担当。単射砲に関わる人は、周辺甲板面を担当します。
色の切り替わり部分は、重ねるように塗らないとあまくなり、サビが浮きやすいし、溶接部分も注意して塗装しないと甘くなりやすいということで、丁寧な仕事が要求されます。
てるづきのスカート部分の出入り口は、こんごう型などに比べて密閉度がやや下がり、とりあえず水をかぶっても一度に中に入れないという程度。物の移動で支障が出ないことを優先しています。
船といえば、金属部分は真鍮というイメージがありますが、今でも艦内には真鍮を使用している部分があります。主に、きっちり締める部分に使用されています。そこは、その機能を保つ必要があるので、磨きもきっちり。ただ、それがために、緩めるのは大変な労力です。

海賊対処


艦橋部分の補強材は、最初からその想定なので派遣のときに補強は不要でした。
ソマリアは、海賊対処が始まって以来、派遣部隊だけでなくその周辺の人々でかなりの賑わいになっています。特に中国人の集まり方がすごいです。今は中華街はありませんが、時間の問題かもと思うぐらいの勢いがあります。立派な基地がありますし、鉄道も敷きましたしね。(海の一帯一路も着々とですかね)

格納庫周辺にて


乗艦二ヶ月で陸上部隊(館山)から艦艇勤務。ヘリの整備を担当しています。
ヘリいないときも乗員としている。小旗担当(入出港時の信号)。小旗は、艦によっていろんなものがありますね。
海自に入ったのは、人を救いたいからで、機械系は特段の希望配置ではありませんでした。

航海担当です。信号の送受信をします。
広報イベントで手旗による送受信が展示されていた(そのとき、実際に展示した人ではありません)ので、そこを切り口にお話をうかがいます。
手旗は、呉の学校でひたっすら体で覚えていきます。艦橋にいて、周囲の見張りを行いますが、その間にいつなんどき僚艦から(あるいは通りかかった他の艦艇から)信号が発せられるかわからないので、その辺も気をぬくことができません。発信を見逃すなんてことになったら、えらいことです。
以前は、ディーゼル機関で小さいフネだったので、てるづきの揺れなさっぷりが違いを感じます。ただ、200人ぐらの乗員がいるので、「航海」からすると「機関」の人とほとんど接触がありません。個人的には、小さいフネがいいですね。お互いよく知る人同士のところを希望します。とはいえ、しらせに乗りたいと希望を出しています。それだけに、最近ニュースになった、南極観測支援をやめるかもという話は気になります。自分が乗るまでは続いて欲しいです。もともとフネに乗りたくて海自に入ったので、その希望は叶いました。(おおー、船乗り少ないというこのご時世に、貴重な人材やー)

とまぁ、色々と雑談しつつ巡ってきました。
以前ほど記憶力が無いので、かなり消えた細かい部分がありますが、ざっとはこんな感じで伺ってきました。関心事項が明確だと、その答えを取り込めたら記憶に残りますが、あれこれ伺うとどれかは薄れて消えるって感じです。お話を伺った方には失礼なことですが、ご容赦いただきたい気分で、レポを書いてます。

お相手していただき、ありがとうございました!

RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 海自 東京 晴海

ジオラマの撮影

スタジオジブリ:高畑 勲 展】に、行きました。(記事を書いてるのは、言ってから1ヶ月後ぐらいだったりしますが)

高畑勲展:入手品など

土曜日に観覧しに行ったのですが、思ったより人が少なくて(ガラガラではなかったですが)一通り見られました。すっかり恒例になった音声ガイドの力を借りて、作品や資料を堪能しました。会場内の装飾も、コーナーごとに工夫が見られて、準備であれこれやってたんだろうな、という感じです。巡回先でも見られるのかな?

で、最近の展覧会につきもののフォトスポットは、ハイジのジオラマ。
こういうのを、どう撮影したらイケてるものになるのか、毎回困ります…。
単純に全体をおさめるのはいいとしても、でもやはりちょっとはジオラマをよりひきたてるというか、活かした感じに撮りたいなどと欲がでます。こっちから、こう?でも、あれとこれを画面内に入れるのは無理っ。こっち撮るとそれしか入らない…。
結局、どうなんだそれ、というところで手をうってがっくりくることになる、といういつものパターン。
どこをどうすれば、いいんじゃないの!というものが撮れるのでしょうね…。

高畑勲展:ジオラマ

高畑勲展:ジオラマ 高畑勲展:ジオラマ

高畑勲展:ジオラマ

私は、ジブリ作品で最高に好きなのは、『となりの山田くん』です。なので、今回の展覧会で初めてグッズに遭遇してしまい、ぐぬぬーてなりました。もう、あれこれ買ってもしまっておくだけになってしまうので、泣く泣くクリアホルダのみ購入しました。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : 東京 イベント

FC2カウンター

更新履歴より最新の3件


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
検索フォーム
area-B各種サイトへ
フィードメーター - area-Bログ
area-Bログ最新記事
RSSをどうぞ

QRコード
QR
area-B BOOTH営業中!
area-b BOOTHにて、同人誌やグッズを販売中です!
ぜひ、ご利用ください。
ぼーさん待機列マスキングテープ
スマホリング

別のアイテムならいいのにな、という場合は、pixiv FACTORYのどのアイテムを希望するか、お教えくださいませ。可能ならラインナップに加えさせていただきます。
J Tweet
カテゴリ
CB (43)
ZP (86)
ユーザータグ
下記単語をクリックすると、その単語をタグ(キーワード)に設定している記事だけをとりだすことができます。

海自  ボンズ イベント コミケ 陸自 東京 横須賀 NHK 東京有明・お台場 晴海 千葉 空自 観艦式 習志野 海保 返信 横浜 DVD 船橋 幕張 テレビ 大阪 空へ 下総 CD 同人誌 米軍 神戸 月島 松山 BD 名古屋 豊洲 小樽 船の科学館 豊中 京都 映画 ぼーさん ラジオ 青森 造船 年賀状  佐世保 新宿 

月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
nextnbsp;