FC2ブログ

てくてくお台場 新客船埠頭整備はどうなってる?

豊洲埠頭で「しらせ」の入港を見物したついでに、久しぶりにお台場あたりに足をのばしてみました。

新客船埠頭整備事業のいま


船の科学館横に、新しい客船ターミナルを建造中なので、その様子を見ようと思います。
その建造に関連して、インフォメーションセンターが設置されているとのことで、そこも見てみます。
ゆりかもめで、船の科学館駅改め東京国際クルーズターミナル駅となったところまで移動。船の科学館は、建物はそのままですが、営業はほかの建物で縮小しつつ継続。(科学館本館は入れなくなったのだろうか?←調べてないです)

いやー、まるで事前調査をせずに現地に来たのですが、見事にかなり工事囲いが続いてます。かつて宗谷が係留されていた岸壁は完全に工事エリア。新しいターミナルへの車道を作っているところです。宗谷は、かつて羊蹄丸が係留されていた方に移動して、引き続き公開中。この日も開館していますが、今回は見送り。その先にあるインフォメーションセンターを目指します。
新客船埠頭整備事業インフォメーションセンター

うーん、かなり簡易施設なのだなぁ。でも、屋上が展望台となっている!
中は、ほかのイベントで見たことのある、説明パネル、工事模型、完成全景模型と記念撮影用パネル。こじんまりとした部屋に、一通りの説明パネルがあって、職員1名が常駐されていました。いやー、これ、心細くないのかなぁ?すっごい暇だと思うなぁ。
目新しい展示は無かったので、屋上へ。
遮るものが無いこともあり、海風が強く吹きつけています。見晴らしはいいけど、服装とかは風対策必須だなと思いました。
もうちょっと工事が進んだら、展示替えもあるのでしょうか?そういうことが無ければ、一回見ればもういいかな…。

あとはぶらぶらしようと、まずは青海の方へ。あちこち護岸あたりが工事で立ち入り禁止になっているので、つまんない散歩でした。早く全面開放される時が来るといいなぁ。ちなみに、開放予定は、だいたい2019年末から2020年3月頭までの順次って感じのようでした。

この日は天気が良く、豊洲埠頭から富士山が見えていたので、品川越しのものを撮影しようと、立入れる場所から見えるところを探しつつ歩いてみました。が、しかし、どーにもいい場所がありません。
品川越しの富士山

クレーンに遮られてしまいました。
もうちょっとクレーンを横にずらしたかったのですが、撮影場所を移動できませんでした。ざんねーん。ま、これも、開放後に再チャレンジ項目として入れておきます。
今回、船の科学館から南下しただけですが、北側の潮風公園の方に行けば違っていたかもしれません。(【海上公園なび:潮風公園】によると、2020年3月末まで整備工事中らしいので、こっちも難しかったかも)

ちなみに、航路と平行に桟橋状のものがありますが、そこにターミナルが作られる予定です。
出来上がったら、手前の護岸からは視界が遮られてしまいますね。この画像を撮影した場所からも、かなり遮られることになるかもしれません。高さの感覚がよくわからないので、今後の変化を追っていくのもいいかもしれません。

ガンダムUC


次は、ガンダム立像です。
前に来た時から交代してUCの立像になっているので、それを見ておこうと思います。
周辺は、春の花が…あぁ、もう終盤な感じを見せはじめている様ですが、でも!まだなんとか花見に間に合ったと言ってもいいかなという景色。
ガンダムへの道

観光客が大勢いらっしゃいます。しかも、ほとんど海外からのお客さん。
さて、どう映っているんですかね?
よーし、色々見てないところはあるけれど、一通り回れたように思います。まずまずの達成感を持って、帰宅の途につきました。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京有明・お台場 東京 船の科学館

企画展 工事中!

東京お台場の、日本科学未来館で、企画展「工事中!」というのを開催。それに行ってきました。
そこで見たものを、軽くまとめた画像を作りました。
企画展 工事中! 企画展 工事中! 企画展 工事中! 企画展 工事中!

いやー、面白かった!
ただ機械を展示するだけじゃなく、会場内の装飾がまさに工事中の現場って感じになっていたのが、とてもいい仕事してましたよ。関連知識を体感できるしかけも色々ありましたし、現在東京オリ・パラ大会に向けて建設中の国立競技場について、メイキング映像とも言える、建設動画もありました。

きっと連休中は混雑するのだろうなぁ、というような企画展です。
行った時は案外空いていたので、ちゃんと見られまして、とてもいい時間でした。

ただ、ちょっと残念なのが、説明看板に描かれた機械キャラクターが、グッズ化されていない。てっきり、あるものだと思っていたので、結構がっかりでした。

その後、JAMSTECのものも追加展示されたようなので、その混雑していそうな連休中に再訪しようかなと思っています。再訪したら、看板を全部撮影してこなくては!
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京有明・お台場

東京港のボートアクション!


波動 新東京水上警察 [ 吉川 英梨 ]


烈渦 新東京水上警察 [ 吉川英梨 ]​​

2冊読みました。
どんどんと読み進められて、うわうわうわと呑み込まれつつ最後までって感じでした。
ボートアクションは、こっちが波にもまれた感じがして、わりとヘトヘトになります(苦笑)
なんとなーくフネの様子がわかるから、色々と想像できますが、知らない人はどう受けとめるのかな。

メインキャラの一人について、いまひとつ自分の中で確立されなかったなぁ。ところどころ、あれ、この人こういう台詞を言う人なの?という場面があって、え?え?と混乱を招いていました。読み切れなかっただけなのでしょうけども、そういう作品はめずらしいなぁというのが印象的。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 東京有明・お台場

新東京丸で東京港クルーズしてきたよ!(2分の1)

東京都港湾局のfacebookに、【東京都:視察船「新東京丸」PORT&TOKYOロゴ仕様にリニューアル!/PORT&TOKYO記念乗船会を開催します!】のお知らせを発見!
やった!土曜日なら行ける!

てなわけで、申し込んだところ、なんと当選したのでいそいそと出かけてきました。

当日は、雨粒がちらっと落ちる感じの曇天…。
うう…。

いや、いい。雨じゃない。うん。
気温も低いけど、それは慣れてるから大丈夫!(つか、ずっと船内にいたので、杞憂に終わる乗船状態だった)

新東京丸 新東京丸ターミナル

冒頭に入れたリンク先がいつまで見られるかわかりませんが、このお知らせの段階では「画像はハメコミです」な状態でアップされていました。
それが、この乗船会の前日にしっかりとつけられ、お披露目となりました。

当選者たち

応募数510名に対して、60名の当選。ふおー、なかなかの倍率でしたー。
その当選者たちと、報道各社の取材スタッフ、東京港湾局の面々が乗船して、2時間ほどのクルーズ。
集合は、新東京丸がいつも使っている桟橋横の、小型客船ターミナル。次々と人が集まり、出港1時間前には、ほぼ全員がそろっていました…。うーむ、それぞれ何が目当てなのか謎の集団なのですが、すごい集まりいいですなー。(ただ、1名だけ、めっちゃギリだった)

新東京丸の船内
船内の印象は、まあ、想像通り。というか、他の自治体の船にも乗ったことがありますので、そうなるよね、というつくりです。

新東京丸は、東京都の視察船。普段は、平日に東京都が招いたお客さんを乗せて、港内を見学案内しています。この船には、そんなお客さんがいないとか少ないときに一般の人も乗ることができます。ただし、事前予約制。
東京都港湾局:視察船「新東京丸」利用案内
色々と段取りをふまなきゃいけないので、こういうイベントクルーズが見逃せません。…ただ、なかなか思うようなときに開催されなかったりして、どっちにしろ敷居が高いのですが。

そして、今回のクルーズは、先に紹介した平日のコースとは違うイベントコース。
竹芝〜第一航路〜羽田沖〜東京ビッグサイト前多目的ふ頭〜竹芝。
案内は、港湾局の広報の人でした。かなりしゃべりまくってたけど、情報盛りだくさんで楽しかったです。勉強になりました!

もうとにかく、竹芝桟橋を出た直後から、あちこちのふ頭の紹介が始まり、メモがおいつきません〜。写真も撮りたいし、大忙しでした。
見学中 拓洋

もう中央防波堤なんて、実態とあわないような感じの地域になってる海面処分場のあたり。海の森のあたりは、植樹とかのイベントで立ち入ることができるときもありますが、私はまだ行った事がありません。その地域も岸壁の工事が進んでいて、-10m岸壁や-16m岸壁をつくってまーす、という紹介が。もちろん耐震強化岸壁ってことで、物資輸送の拠点想定。むー、ここができたら、いずもとかお試し停泊とかやっちゃうんだろうなー。それを見るには城南島からですかね。(先走りにもほどがあるw)

-16m岸壁
ここが-16m岸壁だって。

羽田空港沖を航行中 位置図

平日のコースでは見られないものは、実は船内にもありました。それが、「貴賓室」。乗船しているデッキの上にあります。
貴賓室 船尾側船室

やっぱ、ちょっと雰囲気が違いますね。

2分の2につづきます
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : 東京 東京有明・お台場 イベント

船の科学館あたり

2014年11月15日に、船の科学館あたりを散歩。
なんか、いくつか変化が見られました。

新客船ふ頭に向けて?

工事らしき様子。
このへんに、新しい客船ターミナル等々整備して、大きな客船も呼び込めるようにする計画があるようです。いよいよその建設に向かって動き出した、ということなのでしょうか。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京有明・お台場 東京

東京モーターショー2013

10数年ぶりだか、もっとだかわからないぐらい前回の観覧から間があいています。
なんだか、そろそろ面白そうなことになってるかも?という想像のもと、会場に行ってみました。
色々撮影したり、見たりしてきたのですが、もう、人は多いし色々な行動計画で、ヨレヨレになってて大変でした。
でも、結構楽しかったので、思い切って行ってみたのは正解でした。むしろ、2日間ぐらいがっつり見てみたかったかも、と思うぐらい。

エンジンのカットモデルとか、機械系の人と見たらいろいろ解説してくれそうな、楽しそうなことになっていたのも印象的でした。シフトの切り替えを、むき身で見たのは初めてで、ちょっとムダにガチャガチャやりたい衝動に駆られました。まあ、人が多いので、やめましたけどね。




ツイッターでざくざく撮影物をだしてますので、よかったら【リンク先あたりから】たどってみてください。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京有明・お台場 イベント

船の科学館横

あれ?記事を作ってなかったっけ?てことで、2013年3月時点の、船の科学館横を撮影したものをはっつけておきます。
羊蹄丸を係留していた部分は、臨時の係船場所にするのかと思っていたのですが、それもナシみたいですねぇ。まあ、整備する予算を確保するのは難しいってところでしょうか。

羊蹄丸があった場所
航訓や水産庁の船が見やすい


コンテナ船の大きさを強調してみました。
コンテナ船は大きい
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京有明・お台場

東京のウォーターフロントを歩く:お台場

汐留からスタート http://madeinearth.blog94.fc2.com/blog-entry-1842.html し、晴海に移動http://madeinearth.blog94.fc2.com/blog-entry-1844.html して、オレンジの船体をながめます。
それについては、【5003しらせ、南極に向けて出港…の前日】にあります。
そして、ここでは、ゆりかもめで市場前駅を出た後からになります。



次の目的地は、青海駅。駅前のコンビニでお弁当を買って、そのそばにある公園で食べます。
この日、海外観光客ツアーが、何組かあったようでパレットタウンは色んな人が集まってました。駅の改札外が集合場所になってて、すぐそばにバスが待機してたりもして、大賑わいです。
が、それを横目に護岸近くの公園に降りてくると
ゆりかもめ青海駅の前にある公園
どうですか、この人気(ひとけ)のなさ。
お台場は、人が集まるところとそうで無いところの差が激しく、ちょっと移動するだけで混雑を避けることができます。が、天気のいい日に限られてしまう、というのが難点なんですねぇ。
ともかく、のんびりとお弁当をつつきます。

青海駅前の公園

ここからシンボルプロムナード公園に向かい、この日開催されている「サイエンスアゴラ」の様子を見に行きます。



うーん…。なんか、思っていた感触が得られなくて、残念気分。いろんな所でいろんなプログラムがあった中で、ちょこっとだけしか見てないので、たまたまそういうところにあたってしまったのかもしれません。
ちゃんとプログラムを見て、計画を立てて見に来てみたいです。2013年もやるのかな?
来場者は結構あって、私にはピンとこなかったところでも、人が集まってたりもしました。

さて、そんな賑わいのすぐ隣は、やっぱり閑散としてて…
東京国際交流館前の原っぱ
東京国際交流館前の原っぱは、誰もいません。
まあ、見る物も無いですけどね。
ちょっと前なら、コスモスが見応えあったと思います。

では、しめくくりにテレコムセンター最上階の展望台へ移動します。
テレコムセンター展望台
↑画像右下にある外の風景で、手前にあるのが海保海洋情報部がある建物。

展望台に向かうエレベーターは、展望台の1階下までで、到着して出てきた目の前に窓口があります。そこで500円を払って展望台へ。
そう、有料なのです。
見晴らしの良さも商品なのですなぁ。500円が妥当なのかどうなのか、というのはありますが。
中には、自販機があって一応飲み物はOKみたいです。
食べるのはどうなのかな?

パーティー会場にもできるようです。夜景は、結構なながめでしょうな。

テレコムセンター展望台からの眺め

お台場を見渡せるので、ゆりかもめの線も見渡せて、ホンモノだけどジオラマみたいです。

テレコムセンター展望台からの眺め
キリンと羽田空港

このテレコムセンターの下には、アトリウムがあって、1階から5階の吹き抜けと、バルコニー状態(バルコニーでいいのかどうか?)。ここをコスプレのイベント会場にもしているようで、案外ひんぱんに貸し出されているようです。
お台場だけに限らず、最近はコスプレイベントに使われる場所って、多くなりましたねぇ。
テレコムセンター アトリウム

さて、そんなこんなとは関係無いのですが、東京港の中で埋め立て処分の最後の砦な場所が、よく見えます。
その中に、カラフルな謎建物が。建物というか、クレーン土台というか。
何ですかね?
ゲートブリッジと謎建物
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京有明・お台場

5003しらせ、南極に向けて出港…の前日

2012年11月11日に、東京港晴海埠頭から、5003しらせが出港しました。2013年4月10日に再び晴海に戻るまで、長期出張任務につきます。
で、その出港お見送りをレインボーブリッジから!と意気込んでいたものの、体調不良につき断念(落涙)。
前日に晴海に見に行っていた、ということで気がすんでいたというのもあるかもしれません…。

ということで、前日の様子。
カレッタ汐留から
まずは、汐留にある「カレッタ汐留」46階からのながめ。
外はひんやりしているのですが、中はサンルーム状態で暑い!

晴海に移動してきて、ながめてパチリ。
晴海客船ターミナルと5003しらせ5003しらせ

格納庫開いてて、黒ヘリ見えた。今回も1機のみ。
5003しらせ後部

晴海大橋に移動して、どうにか富士山含めて画面に…お…おさめ…たことにしてください。
富士山(ビルの合間)と5003しらせ

ゆりかもめの市場前駅に上がってみたが…。
ゆりかもめ市場前駅から
ホームからは船体が見えました。

【送料無料】 南極で宇宙をみつけた! 生命の起源を探す旅 / 中山由美 【単行本】
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 海自 東京有明・お台場 晴海

FC2カウンター

更新履歴より最新の3件


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
お世話になってます♪
アフィリエイトリンクでーす。
スマホリング販売中!
スマホリング area-b BOOTHにて、スマホリングを販売中です!
ぜひ、ご利用ください。
別のアイテムならいいのにな、という場合は、pixiv FACTORYのどのアイテムを希望するか、お教えくださいませ。可能ならラインナップに加えさせていただきます。
J Tweet
カテゴリ
CB (42)
ZP (86)
ユーザータグ
下記単語をクリックすると、その単語をタグ(キーワード)に設定している記事だけをとりだすことができます。

海自  ボンズ イベント コミケ 陸自 東京 横須賀 NHK 東京有明・お台場 晴海 千葉 空自 観艦式 習志野 海保 返信 横浜 DVD 船橋 テレビ 幕張 大阪 空へ 下総 CD 神戸 米軍 松山 月島 同人誌 BD 名古屋 小樽 豊中 船の科学館 ラジオ 豊洲 映画 京都 新宿 年賀状 佐世保 青森  造船 

月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
nextnbsp;