FC2ブログ

横浜開港祭で「ゆうぎり」を見る

2019年5月から、じわっと艦艇広報に出かけるようにしています。
そのうちの一つ、横浜開港祭での、ゆうぎり一般公開についてです。

横浜開港祭で自衛隊装備展示:ゆうぎり

2019年6月1日と2日に、横浜港の大桟橋で、ゆうぎり一般公開が実施。その初日に行ってきました。
公開時間は、13時からの2時間あまり(15時でしめきりだったと思います)。
ともかく、朝から家を出て、久しぶりの横浜ですし、土曜日でしたので神奈川地本にある広報センターをのぞいてきました。まあ、ここでそんな大きな変化があるとは思わないので、以前と変わらないなというのを確かに行ったようなものです。一通り、そろっていて、資料が更新されていました。それでも、空自の階級章がプリントアウト品だったのがなんとも…でしたが。あぁ、あと、艦艇パンフレットが無くなってましたかね。

そして、大桟橋に移動して、屋上から写真を撮り、中でゆうぎりをながめながらお昼ご飯。
開始前に待機列に移動して40分ほどで乗艦。乗艦が始まってからしばらく列の中からながめていて、艦橋に乗艦者の姿があって色めき立ってしまいましたが、実は特別見学も同時開催だったようで…。ま、そうですよねー、と思いながらひとめぐり。ゆうぎりは、飛行甲板が上の層になるので、そこも入れず。あぁ、見学も厳しくなったものだなぁ。

今回は、魚雷も、装備ごとに段階をおって教育→業務→教育→業務と進められることを伺いました。魚雷の装備、ってひとまとめじゃないのだーってことでした。
シースパローのところで、もれ聞こえてくる説明に、ちょっと知らないことが含まれているような気がしたのですが、うまくそこを掘り下げられませんでした。なかなか、案内の人との接触はタイミングが難しいです…。ざんねーん

あと、聞けなかったけど、気になったのは、ドームってあんなにあったっけ?てこと。過去の撮影物をあさって、比較したいところです。(とはいえ、それをやり始めるといくら時間があっても足りない…)
割と濃い灰色のもの、薄い灰色(先日見た灰色に見えるCIWSと同じ色っぽい)のもの、白いもの…
色々変わらないとやってけないのだな。(ざっくり)

下艦すると岸壁には、陸自装備の展示エリア。
大型のトラックやら炊事車、中隊装備に…なんと、白いバイクが!何!?白いのがあるの?
つか、そばにいる人、警務の腕章が!!
これはびっくり。私は、初めてこういうイベントで説明に立っている警務の方に遭遇しました。
そして、白いバイクは全国に52両のみ配備されているようです。要人警護やら災害派遣やらにも使うとか。
横浜開港祭で自衛隊装備展示:白バイ 横浜開港祭で自衛隊装備展示:白バイ説明

神奈川だと、久里浜と武山に1両ずつで、今回は久里浜から。警務の方は横浜駐屯地だそうで…。あれ?じゃ、自分とこにないのか。
会場まで運転されてきたわけですから、その途上で見た人はかなりラッキー?だけど、自衛官とは思わないだろうなぁ…。ぱっと見は、警察の名前が入って無いことに気づくとは思えず、区別つかないですよね。

訓練というか、この装備の担当になると、警察の白バイ隊員と同じ研修(っていうか、訓練か?)を受けるそうで。なんかもー、「へー!」ばっかり頭に流れていました。

この装備を見られたのとお話を伺うことができたので、それだけでも来た甲斐があったというものです。
ほんと、みなさま、ありがとうございました。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 海自 横浜

しらせ入港を見に行こう

2019年4月9日東京晴海に、しらせが帰国するので、入港の様子を見に行く。
予定では0830となっているが、すでに前日には羽田沖に停泊しているため、早めに姿を見せるに違いないと思ってなるべく急いで向かう。
前日や翌日の天気の悪さを思うと、奇跡的に快晴の1日であった。
個人的に豊洲市場の屋上を陣地と決めて行く。0730ごろ到着して、橋の向こうの西航路にオレンジの船体が見えて焦る。でも動いてる向きが逆…。何故そうだったのだろう。でも、やっぱり早めに着いててよかったぁ。
しらせ入港:逆走?


しばらく屋上から周囲を眺めたり撮影したり。
富士山もくっきり!青空と東京のビルと、レインボーブリッジに、富士山。ここにオレンジのしらせを加えるのが今日の一枚と定める。
他の撮影者もチラホラ。単に市場見物で屋上にも来たって人もいる。

いよいよ、入港してきた!
橋の下をしずしずとやってくるしらせ。
帰国時はいつもそうであるように、船体の水面あたりは塗装がおちて灰色や黒っぽくなっている。氷をかきわけてきた姿。
撮る、撮る、撮る。
しらせ入港:格納庫

富士山との位置関係は、どうしたらいいのか、と、チラッとだけ思い、こうかなという感覚で撮る。まぁ、イケてるんとちゃう?
しらせ入港:富士と橋としらせ しらせ入港:富士と橋としらせ

しらせ入港:音楽隊
晴海のデッキに音楽隊が出ているらしく、演奏が聞こえる。
帰ってきたのにヤマトとはいかに…(さらばー地球よー

入港作業に、警官の見学付き。でも、そっち方向にぶっ飛んでたらビビっただろうなぁ
しらせ入港:曳策

そんなこんなをのんびり眺めて、屋上を後にしました。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 海自 晴海 豊洲

むらさめ一般公開

2019年3月9日、10日に、東京晴海埠頭で英海軍フリゲート「モントローズ」訪日による一般公開が実施されました。
ホストシップがむらさめで、こちらも同時公開。この初日に出かけて見てきました。
むらさめは、全体的にシュッとしててカッコいいですねぇ。と、改めて眺めました。その中で単装速射砲(簡単に大砲って言ってしまうやつです)が丸っこいのも愛嬌があるってものです。

※画像は、後で追加しまっす

来場者は、まずモントローズに向かうので、長蛇の列になっていますが、むらさめはぼちぼち乗艦者があるな、という程度。モントローズは気になりますが、列に並ぶ気にならず、むらさめだけを見ることにします。

むらさめ見学


公開範囲は、外から見える上甲板のみ。最近、艦内を見られることは滅多にありませんね。乗艦者数がそこそこなのはいいですねー。いつもこのぐらいならいいのに。
しかし、私が残念な見学者になってて、こういう絶好のチャンスに聞くことが浮かんでこない。ああああああああ!もったいなーい!

今回の収穫は、速射砲のところの案内人がサービス満点で、いろいろ話をしてくださってるのを脇で聞けたってことです。あの時質問など投げた来場者に感謝!
なんか「言ってみるもんだなー」という声も聞こえたので、そういうもんなんですなw。とにかく、聞いてみたいことは聞いてみて、答えがはっきり返ってこなかった場合は、あぁ、あんま掘ってはいけない場所なのか、と思って終わればいいのです。

さて、速射砲の説明看板には、射程距離の記載がありましたが、案内人からは、もうちょっと長い数値が出てきました。晴海からスカイツリーを……できるのだそうです(ドキドキ)こういう数値は見学時に必ず登場しますが、併せて現在地からどこそこまでという置き換えもされます。私は、そこでその地点間の距離を数値で知ることになるのでした。

海自艦はよほどのことがなきゃ、公開時は全て美しいですが、今回ももちろんピッカピカにしてホスト役に臨んできました。
これは、乗員の手仕事でございますーという話も出ました。停泊時に港に行くと、ときどき掃除・塗装の様子が見られますね。
ツヤツヤは、手をかけてこそ。うっ、なんか胸が痛い(汗
訓練中など日程的にゆっくり手をかけられない時は、サビが出ているとこだけ綺麗にします、とのこと。

【「むらさめ一般公開」の続きを読む↓】

RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 海自 晴海

むらさめ一般公開と、豊洲と晴海

英海軍艦が訪日ってことで、ホストシップとしてむらさめが担当。
東京晴海に入港して、双方2019年3月9日・10日と一般公開とのことでしたので、9日に行ってきました。

晴海埠頭の艦船

とりあえず、ここでは、行ってきたという自分メモ的に記事を作って、レポは【別記事】に譲ります。

晴海は、2020年の東京オリ・パラ大会とその後のための再開発で、大変化中。
もうかなり建物がたってるという話を聞いていたので、実際に目で確かめることができます。
そして、ついでというか、個人的にはこちらの方が重みがついてる、豊洲埠頭から晴海埠頭への移動。豊洲大橋が供用開始されてから初訪問となるので、渡るのが楽しみです。

クレーンと東京タワー

歩いたところは、下図の通り。
豊洲発着の道のり


RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 晴海 海自

特に好きってわけじゃないけど

​今年(2019年)は、観艦式イヤーです。
てことで、すっかり疎遠になった私も、出戻りをしようかと思っているところでござます。

あまりに疎遠ぶりがはげしく、もう色んなことがリセットされている中、本屋でミリ棚を見てしまいました。(しまった、というあたり…)
気になるのがいくつもあったのですが、その中からひとつ。

潜水艦がまるごとわかる本 仕組みから幹部の仕事まで 潜水艦のメカニズムと乗組員の任務を徹底解明 (メディアックスMOOK) [ 山内敏秀 ]

おお、丁度BS日テレで「こくりゅう」の番組やってたのを、タイトルだけ見て頭にひっかかってただけあって、こういうのも目にとまります。
中は、パラパラとだけ見て(自主規制気分)、海自中心だけど他国の話もちらちら見えるのだな、と感じました。
個人的にフックしたのは、「幹部の仕事」というサブタイトル。
それについては、パラパラとだけじゃ見切れないのですが、この感じが残ってると、買うことになるかなぁ…。案外、軽くまとまってたような印象がありました。

(というだけのことで、このテーマに入れていいのかって話はスルー)
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 海自

6年ぶりの海保観閲式

2018年5月20日(2日目)に、海保観閲式を観覧してきました。そのときの様子をつづります。
ちなみに、今回の行事名は「海上保安制度創設70周年記念観閲式及び総合訓練」です。

そうや乗船


朝は雲が出て、気温低く風も強めで、待機列では肌寒く感じた。
1030に乗船手続き開始。

最初の位置

同行者と打ち合わせの位置に向かった。ひとまず第一関門突破。規制線際なので、続く関門がある。
規制解除で移動。希望の位置取りに成功し、ようやく腰を落ち着けた。(立ちっぱなしだけど)
乗船してからは、雲も晴れて日差しが痛いぐらい。風があるのがありがたい。
晴海には、やしま、そうや、だいせんが入っていて、さらに横浜出発のいず、も加わり合計4隻で観閲部隊となる。
やしまの後に続いて出航。すると、風が強まり気分も高まるので暑さを忘れる。
最近の西航路を知らないので、そのあたりも個人的見どころ。潮風公園はまだまだ工事中だなとか、新しい客船ターミナルの場所は連絡橋がどんな規模かがわかるようになったなとか。品川方向を見ると、富士山がやや霞んで見えた。冬場以外だと期待してないだけに、うれしくなった。

羽田越しの富士山 東西水路横断橋(仮)

また、中央防波堤側には作ってる途中という見た目の橋が見えてきた。通行止めのお知らせを見ていたが、これに関係するのかな。後で調べたところでは、そのものではなかったが「仮称・東西水路横断橋」だった。この橋で繋がるのだな。渡ることはあるのかな?東京オリンピックでボート競技の会場になる場所。大騒ぎも今はすっかりおさまって、ただの水路にしか見えない。
と、ここまでくれば訓練海域は目の前。ひらけた会場に黄色い臨時浮標と受閲組の船や、横浜からのいずが見え始めた。
アナウンスもあり、いよいよ開始。

行進


観閲式 海保は挙手敬礼 海自は直立 はたかぜ

一列縦隊で観閲・受閲の双方がすれ違い始める。ずらーっと並ぶのを見ると、いつもながら見られてよかったなぁと思う。そして撮影しておかねば!という場面の一つ。ネットでもこの画像が多いので、やはり定番なんだなと思う。
しかし、それは戦いの火蓋が切って落とされたことを意味しており、ひったすらフレームにおさめては撮影を繰り返すのみ。ほとんど反射的。これぐらいのズーム具合、というのはもうほとんど「毎度同じ」調子だ。だから毎回同じよーなカタログ画像になるのだが、しかし外せない。カメラの反応速度もあるので、変化させづらいのだ。下手して撮りこぼすほうが悔しい。
船艇

そうこうするうちに船艇の部終了

航空機

ふっとまさに一息したら航空機の部が始まり、さらに反射神経が試される。もう、撮れたらいいやという気持ちを保つようにしながらも、ズームする指。速く移動する物体で、ちょっとデータ量も大きくなるモードで撮影してるので、記録速度に時間をとられ、次の被写体へのピント合わせが大変になる。があああああ!てなるも、しかしそこに意識を残してる場合でもない。

航空機

そして闘いは一時休止。

訓練展示


観閲航行が終わり、訓練展示へ。
訓練展示は、どのタイミングでどんな位置関係になっているかで、何が見られるかわからない。さらに感覚で撮影していく。そんな中でも、「火災発生」の発火シーンは、待ち構えられるものの一つ。固唾をのむ観覧者一同w
ゴクリ。
緊張の中、「ドン!」という音と共に火の玉が上がる。一斉に切られるシャッター音!

火災発生(想定) テロ船

そこからまた怒涛の船艇・航空機入り混じる訓練風景に、あっちだこっちだズームだ全景だ…

囲んで動きをとめる

もう目と指だけが働いてる感じ。
一通り訓練が終了。

フェアウェルパレード


となると、あとはお待ちかねのフェアウェルパレード。
参加勢力による「お見送り」。
海保の面々は、各海域から参加しているので、ご当地出し物で賑やかにパレードする。例えば徳島からの船は、阿波踊りするとか。電光掲示板を使ってメッセージ出したり、音楽ももちろんガンガンに流して、衣装もそれぞれで思いっきりお祭り状態。

ざんぱ(11管)
普段、尖閣諸島あたりを警戒している「ざんぱ」さんも参加でした!いつも、ありがとうございます!

で、海保だけじゃなく海自も警察も間に入ってパレードするわけで、この温度差もある種の見どころ。久々の開催ではあったものの、それなりに頑張ってた。以前は、ホントにただ航行するだけだったりしたけど、やってもいーかなーってなったみたい?(^^)

はたかぜ 総理

で、フェアウェルのときお立ち台を見ると、バッチリ総理は残っていらっしゃいましたw

帰路


すっかり終わって、ようやく力が抜ける。今回の場所が前のブルワーク沿いで、そこにもたれかかっていたのと、観閲式中に多くの人が寄って船全体が傾いていたこともあり、ずーっと前傾姿勢でいた。おかげで、足に荷重が相当かかってて、もうヨレヨレ。
さて最後のポイントは、総理退船。えー、そゆのもあるんか、と事情通に聞き、やんわり待機。

やしま飛行甲板

やしまを見ると、訓示前から飛行甲板は立ち入り禁止になって、まもなく格納庫シャッターも下された。あの格納庫で待っていた観客もいたのだろうか?(涙を禁じ得ない)
しかし、私が乗船しているそうやは、離れる動き。しかも加速。ありゃ、どんどん帰ってる?
なんとか見られないかと、やしまを見続けるが、ヘリの姿すら見えず断念。
しょーがないので、ちらっと船内を散歩して、接岸・下船を待った。
ともあれ、久々の観閲式を楽しみ、帰宅の途についた。
晴海ではバス待機列が結構なことになっていたが、歩いて勝どき駅に向かうと、途中でビッグサイトからの系統バスが来たので乗車。とてもラッキーな締めくくりだった。
海保ならびに関係者の皆様、観閲式開催と公開をいただき、ありがとうございました。
同行の面々も、ありがとうございました。

うっすらと富士山
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 海保 海自 東京 イベント

2018年4月しらせ入港@東京晴海

2018年4月1日、東京の豊洲埠頭護岸沿いにある、「豊洲ぐるり公園」が全面開園しました!

やったー!ついに、ついにここまできたー!
長かった…
ほんっと長かったですね!
市場の開場延期にひっぱられ、それでも一部開園という頑張りもありましたが、それももうおしまい。
ついに、全面開園となりました。

その後、5003しらせの入港が土曜日という好条件だったので、早速行ってみました。
ただ、どこからどう行けるのかわからないので、これまでに行った事があるルートで公園に向かいます。
東京駅→都バスで新豊洲駅前→徒歩で都道484号を埠頭先端方向へ移動→公園

あんまり早くも出られなかったので、入港時刻とどうかなーと思っていたのですが、都バスの中から晴海のバースに入ろうかというところのしらせを目撃!あー、もうそこまで来ちゃってんぢゃん!てことに。
もう、そうなったら、急いでも間に合いませんので、あきらめてのんびり向かいます。

案内図をご覧下さい。
豊洲ぐるり公園案内図
最初に歩いた都道は、埠頭の中央にある左上から右下に向かう道路です。歩道がかなりだたっぴろくて、自転車を使う人も多くいます。主に職場に向かう人っぽいですね。レンタサイクルの利用者もかなりみかけます。埠頭近辺の移動は自転車が便利ですからねぇ。

まずはメインイベントのしらせ入港の様子…といっても、すっかり終わっちゃってますが。
しらせ入港 横須賀の音楽隊RTB

右の画像は、音楽隊のひきあげる様子w
画像内にも書き込みましたが、0825時なんですよねー。それでもう出番終わりなのだから、一体どういうスケジュールなのかと思いました。

晴海埠頭をパノラマ撮影

せっかく見晴らしが良いところで撮影しているので、こんなときこそ出番だぞ、のパノラマ撮影。
うーん、便利な機能ですねぇ。

この日は、最初ちょっと雨粒が落ちてきていたぐらいの、あまりよくない天候でした。風が強くて、そこは遮る物の無い埠頭なので、もうひたすら耐えるしかありません。この時期なので、なんとかなりますけど、冬はかなりの装備が必要と思われます。

ということで、それでは豊洲埠頭の様子をご紹介します。

【「2018年4月しらせ入港@東京晴海」の続きを読む↓】

RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 海自 東京 晴海

US-2の話なら買わずにいられない


US-2 救難飛行艇開発物語 (ビッグコミックス スペシャル)[本/雑誌] (コミックス) / 月島冬二/著

ということで、購入しました。
まずは、計画始まりのところ。次巻でいよいよ開発が始まる。
はやく!次を早く!
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 海自

2020年5月に向けた野望

2020年GW『DOUJIN JAPAN 2020(仮)・コミックマーケット98』開催のお知らせ
http://www.comiket.co.jp/info-a/doujinjapan_announce.html
2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催決定以降、参加者・関係者の皆さんにご心配いただいていた2020年夏「コミックマーケット98」の日程ですが、2020年5月GWの東京ビッグサイトにおいて、上記の同人誌即売会および関連するキャラクターコンテンツの展示即売会を主催している各団体等のご協力の元、「DOUJIN JAPAN2020(仮)」と題したプロジェクトの一環として、開催する運びとなりましたことを、ここにご報告いたします。

というのが発表されました。

コミケだけをとらえて言えば、C98とコミケットスペシャルをまとめてやっちゃう、という感じでしょうか。
そこにほかの団体も加わって…?ど、どうなるんだろう。

そのへんはわかりませんが、当サークル「area-B」としては、超低空飛行の活動から浮上するきっかけとしたいと考え始めています。今から企画をねって丁度良さそうな時期ですし。
いったん思いつくと、野望は数々ありますが、現時点で思っているのは、
「誌上ボンズオンリーイベント 第二弾」
です。
前回の2010年から丁度10年というめぐりあわせもありますし。(まだ、在庫あります!→【通販頁:コッツンフェス】)

ボンズが制作した全ての作品を題材にした、アンソロジー!
10年たって作品の増加もすごいことになってますが…(汗
そろそろやりたいなーとぼんやり思っていたことでもあります。

何か、それに関連して提案やネタがありましたら、お聞かせいただいても結構です。今から、投稿作品をご準備いただけるなら、さらにうれしく思います(気が早すぎますね…)。

ぜひぜひ、みなさんのボンズ作品への愛を集めて、記念すべき2020年の1冊にしたいと思います。

アニメ関連だとボンズですが、あとここらでもういっちょ頑張りたいと思うのは、海自イベント本。
せめてあと1冊、自分で区切りにできるようなものを形にしたいです。
こちらも、本当は、いろんな人にご寄稿いただきたいところなのですが、そういうののってくださるジャンルじゃないのかなぁ?とかいまひち踏み出せません。
アンケートとか、そういう集めるための工夫でなんとかできるといいのですがね。
まずは、自分の中で、ちゃんと企画を具体化させて、こういう場で発表できるように考えます。関心あるなぁ、と思われたら、今からでもご一報ください。そういう反応あると、ちょっと頑張っちゃうぞ!て思う単細胞なので。

アインと小瓶
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 同人活動日記
genre : アニメ・コミック

tag : コミケ ボンズ 海自

FC2カウンター

更新履歴より最新の3件


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
お世話になってます♪
アフィリエイトリンクでーす。
スマホリング販売中!
スマホリング area-b BOOTHにて、スマホリングを販売中です!
ぜひ、ご利用ください。
別のアイテムならいいのにな、という場合は、pixiv FACTORYのどのアイテムを希望するか、お教えくださいませ。可能ならラインナップに加えさせていただきます。
J Tweet
カテゴリ
CB (42)
ZP (86)
ユーザータグ
下記単語をクリックすると、その単語をタグ(キーワード)に設定している記事だけをとりだすことができます。

海自  ボンズ イベント コミケ 陸自 東京 横須賀 NHK 東京有明・お台場 晴海 空自 千葉 観艦式 習志野 海保 返信 横浜 DVD 船橋 テレビ 大阪 幕張 空へ CD 下総 米軍 神戸 松山 月島 同人誌 BD 名古屋 小樽 船の科学館 ラジオ 映画 豊中 京都 豊洲  造船 佐世保 年賀状 新宿 

月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
nextnbsp;