ひそまそ〜

2018年春アニメの、『ひそねとまそたん』をご存じでしょうか?
私が個人的に応援して、そして何より色々と楽しませていただいている作品を送り出している、制作会社ボンズのオリジナルアニメです。

いやー、面白いです!
こういっちゃナンですが、ちょっと斜めに構えて「えー?航空自衛隊とドラゴンー?大丈夫かいな」なあんて、始まる前は思ってました。ええ。すみません。ほんとに。
これがだんだん、公式アカウントからの直前ツイートに、いや、結構期待できるかも?となってきて、第1話で、うわーこれはえらいことだ!となり、毎週楽しみに待っている状態に。

しかも、あろうことか、サントラを予約までしてしまいました!(これを書いてる時点では発売前)
そんなことって、何年ぶり?
さすがに、色々な縛りは強くて、片っ端からグッズを買いあさるというのはありませんが、そういう力があるときならやっていたかもしれません。どころか、岐阜基地に行っちゃうかも。

しかし、そういう風に書いてるだけあって、もうそんな勢いは一瞬で消える私です。
とりあえず、サントラ予約して、毎週の放送をじっくり見て、それでわりと満足。

作品は、もうこれぞアニメだよね!そうこなくっちゃね!というところと、実感のもてるリアルなところと、ほんとに楽しめるものです。もしも、まだご覧になったことがなければ、ネット配信とか、この先に出るディスクリリースで追いかけていただきたいなと思います。
一応、監督としては、1話ずつ、間に1週間をはさむ時間の流れの中で見ていただきたい、というご希望があるようです。もしお時間のゆるす人は、そういう放送リアルタイムなスパンでお楽しみください。

【アズメーカー】ひそねとまそたん クリアファイルB[グッズ]​​
ひそねとまそたん 岐阜基地OTF部隊章ベルクロワッペン[グルーヴガレージ]《07月予約※暫定》

さて、満足しつつそろそろ最終回がすぐそこ、という頃になってきて、さびしくなるなぁと思ってます。
そこに新たなグッズ情報が!
​​
ひそねとまそたん 公式設定資料集 (仮)[本/雑誌] (単行本・ムック) / ポストメディア編集部

げえっ!

うへー。そんな情報見ちゃったよ…。
ちょっと、欲しいかも。
ひそまそ絵を描いてみたいような。でも、うっすらすぎて実現しそうにない気もします…。
なのに、買ってもなぁ。

あああああ。(ごろごろごろごろ
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : ボンズ TV テレビ 空自

ツバサノキオク



ツバサノキオク 震災・災害に立ち向かう救難最後の砦自衛隊救難部隊の [ 杉山潔 ]

長いことショップのブックマークに入れていたこの本を、やっと購入して読みました。
2016年6月発行のものでした。

著者の杉山さんは、アニメのプロデューサーをされていて、自衛隊紹介映像の商品をてがけているという方。私は、アニメのイベントでこの方を知り、その後、私が自衛隊イベントに行ったり強い関心をもってから、自衛隊映像のものも見ることになりました。

そんなこんなから数年後、東日本大震災が起こり、そこからの記録映像『絆 キズナノキオク』というDVDが発売されました。

3.11東日本大震災 自衛隊災害派遣 絆〜キズナノキオク〜 [ (趣味/教養) ]

さらにそこからの展開となった『ツバサノキオク』は、東日本大震災だけに留まらず、救難という仕事を切り口として自衛隊の活動について紹介する雑誌連載です。そして、そこから書籍化したものが、最初に貼り付けた商品となります。

そもそも著者の杉山さんが、自衛隊とどう関わってきたのかというところから、実際の自衛隊の救難活動、任務についての記事が収録され、多数の写真も収録されています。


彼ら空自救難隊はこれまでにも過酷な救難現場で数多くの民間人の命を救って来ました。しかし、その多くは一般に知られないままとなっています。
私の連載記事では、彼ら空自救難隊が実施してきた数々の救出事案を、できるだけ多くご紹介していきたいと考えています。
(プロローグ 航空救難団とは)

関心があっても、その先に進むには結構能動的になる必要がありますが、そんなときに便利なのが、書籍だと思います。小難しい話じゃなく、ドキュメンタリーを読むというのは比較的わかりやすくて、敷居も低いのではないでしょうか?
先に書いたように雑誌連載だったので、一区切りが5頁前後です。また、写真もたくさんあります。ちょっとずつ読めます。
この本を足がかりに、さらに知りたい部分が出てきたら、次のステップに移るといいと思います。

ところで、いろんな印象的な部分がありました。それについて書き始めると発散しまくってしまうので、一カ所引っ張ってきます。

 軍事組織の独断専行を防止することだけが文民統制ではない。軍事組織を如何に活用するかを、文民が自らの責任で決めることもまた文民統制だ。民主主義国家に於いては「戦争をしない」と決めるのも「戦争をする」と決めるのも文民なのだ。軍事組織はその決定に従うのみ。つまり、文民統制とはそれだけ文民が負うべき責任が重いということだ。

【「ツバサノキオク」の続きを読む↓】

RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 空自 DVD

蘇る翼


蘇る翼F-2B 津波被災からの復活 [ 小峯隆生 ]


2011年4月11日の取材の様子から始まる。
うす暗く、まるで遺体安置所のような雰囲気がただよう格納庫に、一機あたり120億円もする国産戦闘機のF-2B(複座型)が並べられていた。
3月11日、松島基地を襲った大津波は、滑走路や格納庫にあった18機のF-2Bをすべて押し流した。主翼のラダー(方向舵)、パイロン(支柱)類は津波の力で損傷し、主脚の車輪は泥にまみれていた。
増槽(燃料タンク)を機体下部に装着したF-2Bはさらに被害が大きかった。F-2Bのエアインテーク(空気取入口)からエンジンノズル(噴射口)まで、大波に貫かれていた。
荒々しくアフターバーナーの炎が噴き出すはずのエンジン後部からは、枯れ草が垂れ下がり泥にまみれていた。
二度と、彼らは大空に羽ばたくことはできないだろう。ひと目見てそう感じた。

はたして、「復活」はどのように成し遂げられたのか?
関係者の証言を読むことができます。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 空自

空飛ぶ広報室

やっと『空飛ぶ広報室』読んださー。まあ、読み始めたらあっというまで、安定感というか安心感というか。
最後の松島基地の話には、某アニメP氏の記事も浮かんできました。(美談として報道されることについて)
まあでも、多分色んなバランスが関係してくるんじゃないかな。何がどう提供されて、それをどう受け取られるか、あまりに要素が多すぎて個別の発表物がおう責任の範囲が決まらない。(うーん、すぱっと表現できないな)

途中、途中で、いくつもふせんを貼りたい場所があったのだけど、用意してないしどんどん読んじゃって後からチェックできなくなっちゃった…。

で、まあ、結局最終的にこれを引っ張っておきます。
「自衛官の冷たい缶メシを強調されて、国民は安心できますか?被災者のごはんも同じように冷たいのかって心配しちゃうでしょう?自衛官の缶メシが冷たいのは、被災者の食事を温めるために燃料を節約してるからです。僕らが冷たい缶メシを食べていることをクローズアップするんじゃなくて、自衛隊がいたら被災者は温かいごはんが食べられるということをクローズアップしてほしいんです。自衛隊は被災地に温かい食事を届ける能力があるって伝えてほしいんです。それはマスコミの皆さんにしかできないことです」
ISBN978-4-344-42454-8 p.542

空飛ぶ広報室 [ 有川浩 ]
価格:831円(税込、送料無料)

RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 空自

よくわかるのかな自衛隊


【楽天ブックスならいつでも送料無料】よくわかる自衛隊 [ 志方俊之 ]

新刊お知らせとして、調べ学習のシリーズで自衛隊についてのものが出たと見ました。
どれどれどんなもんかな?と本屋へ。
全体3章だったかのうち、第1章で安全保障やら集団的自衛権やらの話をたっぷり。おお、そこからきますか!という、正直ちょっと驚きがありました。
もちろん?島嶼防衛という話も掲載されています。

装備品のところでは、なんとはやくも「ティルトローター機」の記述も。(写真はオスプレイ)さらには無人機(こちらも米軍の装備写真)も掲載されていました。

そのほかは、これまでとだいたい同じような内容。
調べ学習の本として、どうなんだという観点までは到達できませんでしたので、またあらためて、図書館に所蔵されたら探しに行ってみたいです。(行けるような図書館に入ってくれることを祈るのみ)
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 陸自 海自 空自

平成26年度自衛隊音楽まつり

2014年11月13-15日に、日本武道館で開催された、平成26年度自衛隊音楽まつり。その最終日18時の回を見てきました。
平成26年度自衛隊音楽まつり 平成26年度自衛隊音楽まつり 平成26年度自衛隊音楽まつり 平成26年度自衛隊音楽まつり
もっと自衛太鼓の迫力というか、印象の強さを前面に出した1枚を作らねば

はっ、パンフレット画像を入れ込むのを忘れてた…
平成26年度自衛隊音楽まつり
ちょろっと。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : 陸自 海自 空自 イベント

ニコニコ超会議2

2013年4月27・28日に、幕張メッセで「ニコニコ超会議2」が開催され、その初日に会場に行ってきました。
前回、陸幕のツイートで知ったこのイベント、その2回目が開催されるというのと、こんどは陸海空幕がそろって自衛隊ブースを構成するってんで、これは行って見ておくべきか!?と出かけたのです。

いやー、このイベント、なんでもアリアリでそのへんも見ておこうかなって思ったのですが、アリアリ過ぎて会場に足を踏み入れたとたん、お腹いっぱいになりました(汗)。
どうせ朝から行っても、待機列で大変だろうからと、お昼着にしてみました。無事に待ち時間0だったのですが、中は大混雑。やー、大変、大変。一応一通り歩き回ってみたものの、何が何だか…。結局、自衛隊ブースを見た、ということだけが残ってるイベントだったなぁという感想です(苦笑)。
次回…まあ、行ってもいいけど、行かなくてもいいかも、とかね。

ともあれ、撮影物をいくつか並べておきます。
詳細は、各種ニュースサイトに出てますので、そちらを探して下さい。

あとここもぜひ→【海自のfbアルバム:【ニコニコ超会議2】2013.4.27~28

ニコニコ超会議2:自衛隊ブース
自衛隊は、前回は陸自だけだったようですが、今回陸海空幕そろいぶみ。
米軍も一緒に出展してたよ。
ちなみに米軍さんは、ひたすら来場者との記念撮影をしてた。ただひたすらに。

ニコニコ超会議2:海自の部ニコニコ超会議2:裏?
海自は、ひゅうが模型やらパネルやら、おとん一家やらw。そしてもちろんアピールしまっせ、の、劇場版名探偵コナンやら。あと、引退したばかりの、わかしお備品を大活用してた。
ちなみに、コナンのポスターは、正しい向きのと裏向きのと1枚ずつ掲示されてました。裏向きのは、わざと、だそうで、これをきっかけに声をかけてもらおう作戦だったらしいです。ふつーにポスターの裏面が、こうなってるのだそうな。

ニコニコ超会議2:陸・空の部ニコニコ超会議2:10式戦車
陸はニュースにもなったように、10式戦車を富士から持ち込み。いやー、途中のSAとか大変でしたwとのこと。
空は、もう空自の宣伝なんだかドラマの宣伝なんだか、わけわからんわ!ぐらいに、「空飛ぶ広報室」だけだった…。TBSの取材の人もいた。

ニコニコ超会議2:トークショー
陸海空それぞれに1日1回ずつ、トークショーがありました。これは、なかなかいい企画でしたよ。とはいえ、私が2日間通しで見たのは、海だけ。ネタは、潜水艦話ってことだったのですが、元たかしお艦長さんが話上手な方で、ものすご楽しかった。人しだいかもしれないけど、でもやっぱり、おいそれと知り得ない部分なので、トークショーという形式はいいと思いますね。おまけに、一方的に準備された話ではなく、完全にその場で受け付けた質問への回答方式。現役だと、行動計画との兼ね合いもあってイベントしづらいだろうから、元乗員をひっぱり出す方向で今後も検討してほしいです。あ、ただし、最近の人という条件で。地本勤めとかの異動者がいいと思うなぁ。
話の中で印象的だったのは、「今は、ニオイの問題はあまり無いみたいで、注意されてしまいました」というような2日目の話。あとは、潜行中はイルカが結構寄ってくる、という話。

おおむね、いつもの自衛隊イベントと、来場者から受ける質問は同じだったようですが、やはり「なんでここに出展?」というのもあったようです。
とりあえず、総火演とかとか、動画配信でお世話になってるし、そういうつながりで声がかけられたし、ということのようですね。

以下、そのほか。
ニコニコ超会議2:結婚式先導の音楽隊!
会場で挙式!なんと新郎新婦の先導に、キャンプ座間から米陸軍音楽隊の皆様ですよ…。
ニコニコ超会議2:入り口の花ニコニコ超会議2:花の贈り主が…
色んな人からの花が届いているわけですが、1枚目は最初の入り口正面のもの。中央あたりは党首だのなんだの政治家エリアだった…。そして2枚目は、一体どうやって贈るんだよwっていう人から。
ニコニコ超会議2:政党エリア
会場には、政党の出展ブースもあるわけですが、なんか、何もやってないときのいたたまれなさが、ものすごく酷かったわ。自民党は、来場者を巻き込んでいたけど、常に何かやってるという点において、それはアリだと思うって感じになってた。

さて、今回、メッセ近くまで来た時、陸自の偵察機が上空を旋回してて、まさかこのイベント見に来たんとちゃうやろな!?と本気で思ってしまいました。
偵察中!?(違
実際は、この2日後に開催される、下志津駐屯地のイベント準備だったみたいです。(推測)
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 海自 陸自 空自 幕張

自衛隊イベント等の見学についての本

「最近読んだ本」ではないですが。
ちょい前に、当ブログで【『自衛隊おでかけぴあ』を紹介しましたが、】それに関連して以前に発売されたムックを紹介します。

【送料無料】自衛隊見学ガイド【送料無料】自衛隊見学ガイド
なんと、表紙にあづまくんがいて、それだけでおお!と反応してしまった1冊。
ブルーの紹介からはじめてツカミにする、というのはどこも同じようで。そして、観閲式・観艦式でさらにどっかんどっかん。途中に広報施設の紹介や、「見学の極意」として撮影の仕方・ポイントレクチャーなどがあり、あとは陸海空それぞれの注目イベント紹介。しめくくりに装備紹介。付録DVDもある。
ひたすら、画像を掲載しまくって、これでもか!と押し寄せる感じ。

【送料無料】社会科見学を100倍楽しむ本
自衛隊に限らず、いろんな「社会科見学」について紹介しているムック。
見学記とちょっとした気をつけるポイントなどが、記事として掲載されていて、オーソドックスな紹介集といったところ。

あと、『萌える乙女の社会科見学』というのも、なかなかにミーハー的視点であちこち行ってる記録が掲載されている本で、面白かったです。大半がマンガでレポートされているので、さらっと読めます。
リンクしてないですが、これを書いてる時点で楽天を検索して出てこなかったのです。販売終了ってことですかねー…。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 海自 陸自 空自

天神

 天神 (集英社文庫) (文庫) / 小森陽一/著

本屋でうろついてて見つけた1冊。
現在進行中の読みかけ本をそっちのけで読み始めたら、止まらなくなり一気に読み切りました。最後は滂沱状態。

帯に「防衛省航空幕僚監部 広報室長推薦」とか出ちゃってて、アレ対抗か便乗か!?というものですが、作者が小森陽一氏ってこともあり、買ってみたのです。が、面白かったので、休みというまとまった時間がとれるときに読めてよかったです。
展開的に、ちょっと間延びしたような印象もありましたが、盛り上がりを効果的にさせてるかな?と思わなくも無いです。

アンパンマンて、マッハ23も出せるんかい!とか、芦屋丼食べたいとか思いました。

あ、空自でパイロットをめざす人々の話です。


「課程免だ」
「優」とはいわない。「良」でもないかもしれない。しかし、陸地が見えない悪条件で一つの失敗もなく飛んだ。「可」は貰えると思っていた。
「なぜ……でしょうか」
自分でもびっくりするほど声が震えている。
「お前はパイロットに向いていない」
(p.266)

なんでそうなった

そして、どうなる!
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 空自

海もね

「空飛ぶ広報室」がドラマ化されて、空自のイベントはこれをアピールしつつってことになるのかな?と思う昨今。
広報という部門を題材にする、というのは、自衛隊を題材にする中でも割と一般向け的企画として通りがいいんじゃないかなと思います。
【送料無料】空飛ぶ広報室 [ 有川浩 ]

実は、海自も市ヶ谷の広報が登場するドラマがあったのですよ…。それが「夢で逢いましょう」。
楽天レンタルで「夢で逢いましょう 1」を借りよう
アレなことになってしまって、多分もう二度と放送は無いと思いますが、ドラマとしても広報のお仕事盛り込み具合も、なかなかのものでした。
番組公式サイトの、現職さんによるうんちくブログも楽しかったなぁ。

空飛ぶ…と同じテレビ局。リベンジ的?企画も通る下地があったと見ていいんだろうかね?

*****
空飛ぶ…の原作者、有川さんの作品で、甘さ控えめ(笑)なものは、いかがですか?現在、オークションで引き取り人を募集しています。
フリーター、家を買う(文庫)-【楽オク】
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : 海自 空自

FC2カウンター

更新履歴より最新の3件


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スマホリング販売中!
スマホリング area-b BOOTHにて、スマホリングを販売中です!
ぜひ、ご利用ください。
別のアイテムならいいのにな、という場合は、pixiv FACTORYのどのアイテムを希望するか、お教えくださいませ。可能ならラインナップに加えさせていただきます。
お世話になってます♪
アフィリエイトリンクでーす。
カテゴリ
CB (42)
ZP (86)
ユーザータグ
下記単語をクリックすると、その単語をタグ(キーワード)に設定している記事だけをとりだすことができます。

海自  ボンズ コミケ イベント 陸自 NHK 横須賀 東京 東京有明・お台場 晴海 空自 千葉 観艦式 習志野 返信 海保 DVD 横浜 船橋 幕張 大阪 テレビ 空へ CD 下総 米軍 神戸 月島 TV 同人誌 BD 名古屋 松山 映画 ラジオ 豊中 小樽 京都 新宿 船の科学館 佐世保 年賀状  造船 

月別アーカイブ
07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
nextnbsp;