FC2ブログ

しらせ入港を見に行こう

2019年4月9日東京晴海に、しらせが帰国するので、入港の様子を見に行く。
予定では0830となっているが、すでに前日には羽田沖に停泊しているため、早めに姿を見せるに違いないと思ってなるべく急いで向かう。
前日や翌日の天気の悪さを思うと、奇跡的に快晴の1日であった。
個人的に豊洲市場の屋上を陣地と決めて行く。0730ごろ到着して、橋の向こうの西航路にオレンジの船体が見えて焦る。でも動いてる向きが逆…。何故そうだったのだろう。でも、やっぱり早めに着いててよかったぁ。
しらせ入港:逆走?


しばらく屋上から周囲を眺めたり撮影したり。
富士山もくっきり!青空と東京のビルと、レインボーブリッジに、富士山。ここにオレンジのしらせを加えるのが今日の一枚と定める。
他の撮影者もチラホラ。単に市場見物で屋上にも来たって人もいる。

いよいよ、入港してきた!
橋の下をしずしずとやってくるしらせ。
帰国時はいつもそうであるように、船体の水面あたりは塗装がおちて灰色や黒っぽくなっている。氷をかきわけてきた姿。
撮る、撮る、撮る。
しらせ入港:格納庫

富士山との位置関係は、どうしたらいいのか、と、チラッとだけ思い、こうかなという感覚で撮る。まぁ、イケてるんとちゃう?
しらせ入港:富士と橋としらせ しらせ入港:富士と橋としらせ

しらせ入港:音楽隊
晴海のデッキに音楽隊が出ているらしく、演奏が聞こえる。
帰ってきたのにヤマトとはいかに…(さらばー地球よー

入港作業に、警官の見学付き。でも、そっち方向にぶっ飛んでたらビビっただろうなぁ
しらせ入港:曳策

そんなこんなをのんびり眺めて、屋上を後にしました。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 海自 晴海 豊洲

むらさめ一般公開

2019年3月9日、10日に、東京晴海埠頭で英海軍フリゲート「モントローズ」訪日による一般公開が実施されました。
ホストシップがむらさめで、こちらも同時公開。この初日に出かけて見てきました。
むらさめは、全体的にシュッとしててカッコいいですねぇ。と、改めて眺めました。その中で単装速射砲(簡単に大砲って言ってしまうやつです)が丸っこいのも愛嬌があるってものです。

※画像は、後で追加しまっす

来場者は、まずモントローズに向かうので、長蛇の列になっていますが、むらさめはぼちぼち乗艦者があるな、という程度。モントローズは気になりますが、列に並ぶ気にならず、むらさめだけを見ることにします。

むらさめ見学


公開範囲は、外から見える上甲板のみ。最近、艦内を見られることは滅多にありませんね。乗艦者数がそこそこなのはいいですねー。いつもこのぐらいならいいのに。
しかし、私が残念な見学者になってて、こういう絶好のチャンスに聞くことが浮かんでこない。ああああああああ!もったいなーい!

今回の収穫は、速射砲のところの案内人がサービス満点で、いろいろ話をしてくださってるのを脇で聞けたってことです。あの時質問など投げた来場者に感謝!
なんか「言ってみるもんだなー」という声も聞こえたので、そういうもんなんですなw。とにかく、聞いてみたいことは聞いてみて、答えがはっきり返ってこなかった場合は、あぁ、あんま掘ってはいけない場所なのか、と思って終わればいいのです。

さて、速射砲の説明看板には、射程距離の記載がありましたが、案内人からは、もうちょっと長い数値が出てきました。晴海からスカイツリーを……できるのだそうです(ドキドキ)こういう数値は見学時に必ず登場しますが、併せて現在地からどこそこまでという置き換えもされます。私は、そこでその地点間の距離を数値で知ることになるのでした。

海自艦はよほどのことがなきゃ、公開時は全て美しいですが、今回ももちろんピッカピカにしてホスト役に臨んできました。
これは、乗員の手仕事でございますーという話も出ました。停泊時に港に行くと、ときどき掃除・塗装の様子が見られますね。
ツヤツヤは、手をかけてこそ。うっ、なんか胸が痛い(汗
訓練中など日程的にゆっくり手をかけられない時は、サビが出ているとこだけ綺麗にします、とのこと。

【「むらさめ一般公開」の続きを読む↓】

RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 海自 晴海

下総航空基地 開設58周年記念行事

2017年10月7日に、下総航空基地に行ってきました。

撮影物は、ツイッターに出したので、そちらをご覧ください。(モーメント)
https://twitter.com/i/moments/916926550154526720

そろそろC -1がカウントダウンに入るんだよなぁ、と思ったのがきっかけです。
なんか話が聞けたらとも思ったりして。
でも、いつものごとく、なかなか隊員が空かない。しょーがないとはいえ、やはり側につく人数が一人、二人というのは、よほどタイミングがいいか、じっと待つかしかありません。その、じっと待つというのが、できないわたし。

ただ、話を伺うことができたとして、果たしてどうなっていたか…というのもありますが。

がっかりすることばかりではなく、別の話を聞くこともできたし、外来機帰投も見られたし、史料室も行ったし、ミニPのTシャツも買ったし(笑)、かなりやりきった1日になりました。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 海自 下総

帆船は絵になる

東京港晴海埠頭に、メキシコ海軍の練習帆船が入港。
ホストシップおおなみとで、一般公開を開催。おでかけしてきました。

豊洲埠頭から晴海埠頭をのぞむ

私が行ったのは、2017年9月8・9日の2日。

練習帆船クワウテモク

もう、レポを作る気が無いので、さらっと。

【「帆船は絵になる」の続きを読む↓】

RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 晴海 海自

再会しらせ&SHIRASE(2の2)

2017年8月20日にしらせ見学をしたときの、イベントレポ(になってない気がするけど)その2です。

会場入りして、ざっとながめると、空挺団のところに目を引く人がいます…。
これ、ずっとこの格好なのかしらwwwww
もさもさの後ろ もさもさ
展示品は、私物のもさもさなのだそうで、官品だと全身になって現地調達した草をくっつけていきます。現場のものじゃないと色が浮いてしまいますからねー。
とはいえ、時間がないとか他の事情でとりあえず、のためにあらかじめ用意しておくってことで各自工夫をこらして作ってるみたいです。
こうなると、降下訓練はじめのときのもさもさを展示できないものかな、と思ってしまいますね。

そして、千葉の自衛隊イベントといえば、千葉兄弟。今回は、衛が成田に出張していたので、ここでは未来&翔が参加。すんごい蒸し暑い中、安定の活動っぷりでした!

2日目もいよいよ閉会間近という頃。さすがにふたりとも暑さがこたえはじめているようです…。
が、ちょうどステージそばにいるときに、よさいこい踊りのプログラムが始まろうとしていました。踊っちゃう?なんて周囲が冗談を言ってたのですが、「(とてもとても〜)」という反応。だよねーと離れたのですが、いよいよプログラム開始ってところで、この集団はお客さんの飛び入り参加を常としてるようで、呼びかけと練習が行われました。

ん!?
そこに、いるぢゃーんっ!
千葉兄弟のよさこい練習

ばっちり参加しちゃっているのでした…。そして

【「再会しらせ&SHIRASE(2の2)」の続きを読む↓】

RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : 海自 陸自 船橋

再会しらせ&SHIRASE(2の1)

2017年8月19・20日に、船橋で砕氷艦しらせが一般公開をするってので、2日目に行ってきました。
イベントは、ウエザーニューズのチャレンジングSHIRASEのようです。まあ、5月に開催するのもそうなんですけど、今回のは船橋市市制80周年てのもあって、そちら寄りのイベントでした。

このところ、すっかり艦艇広報に行かないというか、関心が薄くなってて、実際に出かけるのはいいけど聞きたいことが具体的に頭に無いなぁという不安をかかえています。そして、まあ、案の定とにかくその場にいた、という色が濃い一日となってしまいました。
とはいえ、楽しくなかったわけではなく、隊員さんに興味深い話も聞けたりで、それなりの収穫がありました。

マリフェス船橋2018年8月

撮影物を並べつつ、つるっと見学した中から紹介します。

【「再会しらせ&SHIRASE(2の1)」の続きを読む↓】

RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : 海自 船橋

蘇る翼


蘇る翼F-2B 津波被災からの復活 [ 小峯隆生 ]


2011年4月11日の取材の様子から始まる。
うす暗く、まるで遺体安置所のような雰囲気がただよう格納庫に、一機あたり120億円もする国産戦闘機のF-2B(複座型)が並べられていた。
3月11日、松島基地を襲った大津波は、滑走路や格納庫にあった18機のF-2Bをすべて押し流した。主翼のラダー(方向舵)、パイロン(支柱)類は津波の力で損傷し、主脚の車輪は泥にまみれていた。
増槽(燃料タンク)を機体下部に装着したF-2Bはさらに被害が大きかった。F-2Bのエアインテーク(空気取入口)からエンジンノズル(噴射口)まで、大波に貫かれていた。
荒々しくアフターバーナーの炎が噴き出すはずのエンジン後部からは、枯れ草が垂れ下がり泥にまみれていた。
二度と、彼らは大空に羽ばたくことはできないだろう。ひと目見てそう感じた。

はたして、「復活」はどのように成し遂げられたのか?
関係者の証言を読むことができます。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 空自

習志野駐屯地で花見……花は?

4月になりました。
3月下旬に開花した桜が、駐屯地の行事の頃には満開かも!とほくほくしていたのですが、開花してから気温が低かったり、天気が悪かったりで咲き進まず。
いったい習志野はどうなっているのか…。

天気の予報はあんまりすっきりしない感じですが、雨ではないということで、いっちょ行ってみるかと。

習志野駐屯地桜まつり 駐屯地の桜は、ほとんどつぼみ

グラウンドを取り囲む桜の木は、明るい色が少なかった…。ほとんど蕾でした。敷地中には4分ぐらい咲いている木もあるのですがね。
行事の日は、2017年4月2日だったのですが、この4日後に東京で「満開」のニュースが出ました。

行事の様子は、特に私がぼーっと見ていただけなので、ちょろっと撮影物を出すにとどめます。
ラグビーの試合 東部方面隊音楽隊

今回、観閲パレードは無くて、ラグビーの試合とか空挺体操の展示でした。そんなこんなが終わったら、東部方面隊の音楽隊が演奏を披露。サンダーバードなんてのもありました。このころにちょっと青空も広がって、いい感じでした。
ほかに相撲大会もやってて、それも結構楽しめましたー。

守りたい木がある
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 陸自 千葉 習志野

2016年度

新年度を前に、今年もこれが発売になりました。

自衛隊おでかけぴあ(2016-2017)

すっかり、定番商品といったところでしょうか?
私は、かなりイベント参加の見込みが薄いので、もう買うのは精神衛生上よろしくないかなと見送りです。
とはいえ、気になるので、一応中身確認ぐらいはしてみたいところ。(ただ、本屋に行くこと自体を自制しているので、そのまま売り切れになってしまいそうです)
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag :

平成28年降下訓練はじめ

2016年1月10日、習志野演習場で降下訓練はじめが実施されました。これを見てきましたので、備忘録として残しておきます。
空自キャラ&3兄弟

これがまあ、画像を見ておわかりのように、いい天気でしてねぇ!!!
ひなたを選んで位置取りしていたこともあり、冷えなくてすみました。

レポとして記事を書くつもりはないので、思うことを。

訓練を見る場所は、だいたいは訓練場のへりにある小高い部分が想定されています。
一般観覧場所
画像にあるような2ブロックになっています。
向こう側が指揮者・来賓席に近くなってますが、ものすごく狭くなっています。で、すぐに崖のように傾斜してるので、人が増えると足を踏み外しそうになります。ところが、ここ、場所が取れたとしても一旦買い物などでほかに行っている間にどんどん密度があがり、戻ってこれないぐらいになるのです。通路の確保もありません。
あまりにも密集していて、かなり危険だとおもうのですが特に規制しないみたいなんですよねぇ…。
ということから、もうここまで行くのはやめようと、2016年は入場して一番手前の観覧場所を選択。地面で展開される訓練は捨てました。いいんです、C-1が見えたら(笑)

C-1からの降下

それでも、訓練が始まったらそんな端っこの地区でも、人が大勢集まりました。
比較的スピーカーに近いところにいたはずなのですが、少しも聞こえませんでした。人垣のせいなのか、何なのか…。解説が聞こえないと、もうただひたすら撮影するだけになっちゃうのがもったいない気がします。

また、今回は訓練中の地本テントあたりはどうなのかというのが確認ポイントでした。固定翼からの降下を一通り撮影した後、場所を移動してみると意外にもどこもかしこも人が多い!もっと地本の人らはヒマになっているのかと思いきや、普通に次々と来訪者がありました。そばの空挺装備展示のところも、質問に来る人が。もっとも、こちらは訓練してるまさにそれを直接解説してもらえるので、当たり前と言えば当たり前ですね。便乗して、ふむふむと聞いてました。

展示訓練中の地本テントあたり 地本テント裏

落下傘の展示救命胴衣つき
白い落下傘は、1パックに本傘と予備傘が入ってるのか。
つーか、あの丸い傘だと、降りるだけで操縦はできないのか!
どうやってやるのかなーと、ちょっと不思議だったんだけど、謎がとけました…。誘導の重要性、状況が不変であることの組み合わせで成功するってこと…?(ふわぁ…)
それに、後ろに動く力が強い…だと?だから風下に向かって降りてるとのこと。

私は、かれこれ10回も訓練を見に来ているのに、降下する人々である、程度にしか知らないのです。そのへんに、ちょっとした不満があります。せっかくの機会なのだから、この訓練で見せている項目はどういうものか、パネルででも展示してくださるといいのになぁ。
あと、どういう道のりで空挺団の一員になるのか、とか。
空挺マークは別に空挺団にいる人だけじゃないんだよ、ということも知られてない気がしますし。
なんだか、色々知るほどに歯がゆくなりますね。

ともあれ、今回も関係の皆様には、本当に感謝したいと思います。
ショーカイキ!
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 陸自 千葉

FC2カウンター

更新履歴より最新の3件


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
お世話になってます♪
アフィリエイトリンクでーす。
スマホリング販売中!
スマホリング area-b BOOTHにて、スマホリングを販売中です!
ぜひ、ご利用ください。
別のアイテムならいいのにな、という場合は、pixiv FACTORYのどのアイテムを希望するか、お教えくださいませ。可能ならラインナップに加えさせていただきます。
J Tweet
カテゴリ
CB (42)
ZP (86)
ユーザータグ
下記単語をクリックすると、その単語をタグ(キーワード)に設定している記事だけをとりだすことができます。

海自  ボンズ イベント コミケ 陸自 東京 横須賀 NHK 東京有明・お台場 晴海 空自 千葉 観艦式 習志野 海保 返信 横浜 DVD 船橋 テレビ 大阪 幕張 空へ CD 下総 米軍 神戸 松山 月島 同人誌 BD 名古屋 小樽 船の科学館 ラジオ 映画 豊中 京都 豊洲  造船 佐世保 年賀状 新宿 

月別アーカイブ
05  04  03  02  01  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
nextnbsp;