拍手ありがとうございます

【抜け殻】
>翔君の中の人は先日のイベントではこっそり缶バッヂを配ったりしてたそうで? 空自ちゃんだけあって、SDに来てもフリーダム(*´艸`) 千葉ちゃんSに会いに行こうか、木更津イベ悩み中(-"-;)

その缶バッジも、木更津で残りが少なくなり、配布相手が厳選される状況でした(笑
そして、次のイベントから、ニューバージョン登場!…かもしれないそうです。なんて、マメなんだ、地本広報…。
で、木更津には、お出かけではなかったんでしょうかね?お見かけしなかった気がしますが、すれ違っていただけでしょうか?

いよいよ8月。サマフェス…とゆーか、うちてきには2術校!そして、浦安の広報から始まり、千葉の幕張で一休みに入るてな感じです。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : 返信

拍手ありがとうございます

7/11
【第15回国際電子出版EXPOと第18回東京国際ブックフェア(2)】
>お疲れ様でした! 電子化…紙マニアには不要でござる(゚-゚) あの匂いがいいんだな♪ とは云え、時代の流れでは、そんな事云ってられないんだろうな… 同人誌は紙の最たる物だけどね(・∀・)

私は、紙には紙の、データにはデータのそれぞれ進むべき道があると思っているので、どっちもがんばってほしいです。電子化ってゆーと、すぐそっちしか無いってことになっちゃって、そんなの別にどうでもいいのにとがんばってるとこの経営が苦しくなるのが残念です。商売として成り立つ、最低ラインを持ちこたえさせることから難しいというのが、やるせないってゆーか…。やりたいことの前に、寄り道させられてる間に体力無くなってるのが悔しいです。

同人誌については、私のなんぞ特に紙で出すのももったいないって感じもあったり。予算的にもしんどいし。でもでもやめられんのですが。これまた、紙は紙の仕様でとか思うし。
データは、敷居の低さかなー。
でも、まだまだ、紙の焼き直しでしかないデータだから、もっと発想の転換が必要。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : 返信

抜け殻

SC艦隊カテゴリに、ありながら、ネタとしては、千葉地本3兄弟だったり…
抜け殻
なんせ暑くて、タマシイ溶けちゃった?!なんてね。

暑い中での広報、お疲れ様です!
3兄弟については、【千葉地本サイトへ】
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 同人活動日記
genre : アニメ・コミック

tag : 海自 陸自 千葉

府省サイトの使い勝手

Y!(RBB TODAY)・府省サイトの使い勝手、2位「厚労省」が大幅ランクアップ……1位は2年連続「宮内庁」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110713-00000015-rbb-sci

ふーん、厚労省かー。あんまり見ないからなー。
つか、なんで総務省がトップにならないのかってところも、ちょっとひっかかるけど…

官庁のサイトは、もう使い勝手が最重要ポイントであって、見た目が地味でも、使い勝手が抜群なら全く問題ないと思う。だから、そんな見た目のところで、右往左往するようなサイト担当がいるところはそれだけで残念なことだと思う。制作会社と連携しているとすると、もうそのことがどれだけ相手を苦しめているか…。
官庁のサイトだけでなく企業サイトも含めたところで、キャッチーな仕組みとか最新技術は、キャンペーン的コンテンツには入れてもいいと思うけど、それを全コンテンツに適用するサイトは、どおかと思う。統一したいってーなら、見た目のところで統一するだけで充分。いらんことせんといてくれ!って思うことが時々ある。
「使い勝手がよい」とは、どういうことか、そこからちゃんとユーザー目線でたてるか、だよなぁ。
結果的にかっこいいサイトになるかもですが、かっこよさが先にあるんじゃないよ。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

つれづれなるままに

ツイッターで色々発散してるとはいえ、日中接続できない状況にあり、その間ちまちまとメモって後でツイートっていう方法もとっています。
それでもなお、そのメモをツイートするのも忘れたり、やっぱりタイミングずれて出せなかったりということも。

そんなもの。


5002しらせの見学レポ
http://trynext.com/travel/101216-1000.php

Y!(時事通信)家族121人が依然不明=被災隊員支援に課題―統合部隊元指揮官が会見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110704-00000095-jij-soci
派遣に行った行かないの温度差とか、意識のずれとか、今回に限らず毎回なんらかの問題が出てますね…

高校「情報A」とやらの教科書
指導要領はどうなっているのか、見てみないと
パソコンを使うことだけを考えていたけれど、「情報」への対処の仕方とか、そういう概念や意識のことについても対象となっているよう。取得するには、提供・発信するには。モラル。ルールなど。
おおむね良好…「意外と」良好かも
題材として、グループ旅行というのも結構いい感じ。サイト作成の例も、ここからつなげてもよかった気がする。旅行レポをサイトで出すという。
ソフトの操作方法についても、「情報」の範囲なのか

「バーチャル」
本来、技術の方向性として、「人工現実感」でいっているものなのに、悪者扱い。技術の応用の仕方や、その使われ方が様々だってだけで、バーチャルだからだめだ、という文脈には賛同できない。
あくまでも人工的に、ひたすら現実感をもてるようにとしているのだから、現実と区別がつかないのは、当然のことで、むしろひょっとしたらすごい成功してるという証かもしれない。ただ、その「評価」がズレたところで、ズレたものに対してなされているので、喜べないのだが。
この先、ちゃんと人工現実感が実現したとき、それで現実と区別がつかないのが問題視される、というのは、問題なんじゃないかなあ。
そんな中での「生の現実」とでもいえばいいのか、そおいうのをちゃんと認識できる人間として育っていく、育てていくのは、どうしたらいいのか、答えを探しておかないといけないのでは。



…って、こんなもん出してええんか?ってところがありつつも、とにかくつらつらと書きたかったんだよう、て気持ちだけを置いてみる。
教科書は、小中高の教科書展示ってやつを見に行ったことによります。
なかなかに、衝撃の展示品の数々でした。なんせ、身近に子どもいないんで。
「あの教科書」で、どうやって授業をしているのか、特に小学校の参観をしてみたいと強く思いました…。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

C80:入稿しました

C80:煉獄フェス!10th HEAVEN'S DOOR

夏コミで発行予定の、天国の扉公開10周年記念の同人誌「煉獄フェス!10th HEAVEN'S DOOR」について、データ入稿をいたしました!あとは、データが無事通過するのを祈るばかりです。
待っている間に、細工物を準備したり、当日の準備に入らねばなりません…が、何をどんだけやらなあかんか、ここらでタスクリストを作らないと(苦笑)
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : コミケ イベント

第15回国際電子出版EXPOと第18回東京国際ブックフェア(2)

しんどくても、やはりこっちも見ておかねば!とブックフェアエリアに突入。
今回、これは!と印象に残ったのは、キャラクター。
まずは、【SAMURAI ANIMALS】。これから売り出していくよ!のプロモーション的ブースが出ていて、パートナー募集!って感じでした。デザイン画?が目をひいたのですが、参考展示としてフィギュアも3体展示されていました。残念なことに撮影不可だったのですが、かなりかっこよかったです。
十二支をモチーフに、バトル系な設定のようですが、ともかく見た目がよいなあと。獣人スキーな人は、もうチェックされてるのかな?とかとか思いました。

海外エリアでは、今年のテーマ国がスペインということで、スペインの本はもちろん、ちょっと広がって、ヨーロッパのコミックヒーローたちの紹介がありました。たいていのヒーローのデザインが同じ調子なのは、まあ、そんなもんかなってところですが、中に印象的なものが!
Corto Maltés
http://dreamers.com/corto/

話がよくわかんないので、その面でいいのかわるいのかさっぱりわかりません(笑)が、とにかく、キャラクターが気になる。絵の感じもいいし。本には、資料も含まれていたので、ボンズでアニメ化はどうよ!て思いました。

この記事を書くにあたってちょっと検索したら、とりあえず上のURLと、なんとこんな物が!アニメになってるん?
YouTube
http://youtu.be/9Vys1ULLgCs



ま、ますます気になる!うっかり、本を輸入してしまいそうです(苦笑)。

それにしても、ヨーロッパコミックは、ハードカバーで判が大きいのでごーじゃすな感じ。まあ、ソフトカバーのも同じぐらいあるようですが。特にこの作品は、資料も掲載されて(るように見えた)いるので、ながめてても面白いなあと。

さて、そのほか、海外ブースをさらっと通過してみますと、中国ブースは、複数のブースを出していたのですが、そのうちの割と大きな1つが欠席っぽい?
イランブースは、今回もピスタチオで歓迎です。こういう習慣なんですかね。
エジプトブースだっけか、ナツメヤシのお菓子をいただきました♪アラビア語講座も組まれていたけど、時間があわなくて見られなかった、残念。「書道」の実演があり、こちらは日本の方が書いておられました。カリグラフィをアルファベット以外の文字で書いてるって感じですね。

そのほか、印象に残っているのは、ふにゃと曲げられるDVD(あれ?これは電子出版のとこか…)に、やはりこれはという東日本大震災関連。
立て続けに出た震災関連本が、どどどどっと並んでいました。
ちなみに、ブックフェアでは、通常流通の本も含めて、バーゲン価格として10%、20%オフ!という魅惑のこともやってまして、かなりフラフラしちゃうのですが、もうとにかく財布の中にお金を入れず、取り出しにくい状態にしたので、我慢することができました。

最もフラついたのは、イカロス君絵本が300円だったときです…

ああ…

しかも、白書まで割引価格でした。びば、ブックフェア。

震災の話にもどりますが、「あの」壁新聞も展示されていました。石巻日日新聞です。
参考:【asahi.com・震災翌日、油性ペンで号外 米で展示へ 石巻日日新聞】


あと、漫画家による被災者へのメッセージボードの展示もありました。

…細かく書き始めるときりがないので、ざっくりぱっと思い出したことだけ並べてみました。
暑いし、やることあるしで、やめることも考えていましたが、えいっと飛び出したら、やっぱり十分楽しんだし行ってよかったなあと思います。

ところで。
会場案内図が、毎回デカイんですが、いーかげん、ミウラ折りで提供してほしい。アンケートに書こうと思っていたけど、アンケートをやってなかった?
東京国際ブックフェア会場案内図

ということで、だだっとお届けしました!次回も1年後の7月初旬開催かと思います。さて、私はどんな状況でそのときを迎えてるかなあ?
【東京国際ブックフェア】
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : イベント

第15回国際電子出版EXPOと第18回東京国際ブックフェア(1)

7月のお楽しみ、【ブックフェア】が2011年も7月7日から10日までビッグサイトで開催。
同時開催に、【電子出版EXPO】ほかがあります。

今年は、電子出版に的をしぼりましょうと思ったので、こちらは1日早く終わるため9日に出かけました。

やー、もうこんな世の中ですんで、電子出版も、こうやって提供しまっせというだけでも色んな提案がずらり。ハード的にもソフト的にも。さらには、電子出版であなたも提供側に、というところも入ってきたりして。
いやいや、電子もいいけど、紙出版もね!てなところで、オンデマンドアピールとか。
オンデマンドの出力機を動かして、製本の様子をデモしていたり。
オンデマンドは、やはり絶版になったものの復活という方向のフォローが魅力ですね。そこと、最近は製本のバリエーション。
もーなんてゆーか、紙出版は消えないと思うけど、面白みが消えていくのはうれしくないので、なんとか技術を活用して進んでもらいたいなというところです。オンデマンドは、あくまでも少部数ターゲットなので、それなりの仕様になるのは仕方ない。そのうえで面白い装丁ができるといいなあて思います。そうすると、かなり出版社としても作家としても、魅力の技術になるんじゃないかなあと。
工夫をこらした印刷本であっても、あれ?それぐらいで返本、廃棄されちゃうの?という現実があるとなると、なんだかなあと思いますね。ある書店だけをとってみたら、全然配本されないまま消え去ってしまってる本なんて、ザラなんだろうな、というのももやもやした気分になります。

さて。では、データの世界に目を向けてみましょう。
ともかく、端末ぢゃ!ということで、電子書籍用の専用端末だの、アンドロイド端末だのを使ってみました。
だいたい、どれも似たような大きさ、似たような重量、似たようなインターフェースで、これは画期的!というものはありません。が、その状態でかれこれ何年目かに入ってるわけで、そろそろ反応速度も問題が無くなりつつあるなあというところに関心がいきます。

そして、それだけに、

片手だけで保持と操作が同時にできない!

ということも解消されていません。
全端末を、手にとって片手だけで色々操作を試みますが、絶対にどこかで両手が必要になるのです。

それは、かなり私としては「まだまだぢゃのう…」て感じ。

画面は、液晶が大半ですが、電子ペーパーも2つ程見ました。
auが、電子ペーパーで端末を出してて、ちょっと意表を突かれましたわ。こちらは、見たことがある人ならおわかりでしょうが、独特の反応速度というか…そんなとこはあるものの、とはいえ、さすがに改良の成果はあがっていて、悪くない表示速度でした。
もういっちょは、ブリジストン(が技術提供してるのか、とりあえず今、記憶だけで資料まで見ずに書いてて、てきとーですけども)とどっかの連合軍端末。ふにゃっと曲げられますよ、というペーパー部分の展示は、お約束か?でも、展示してあるのは、ハードケースに守られた、これもよくある端末の格好。展示品はB5サイズぐらいかな(画面の広さが)というもの。カラーでした。おまけに、専用ペンで書き込みができる!展示についてのアンケートもそれでとってました。ナイスです。

電子ペーパーは屋外でも、いや、屋外こそ威力を発揮できるというふれこみでした。私も、そこが期待ポイントです。実際、屋外でどおなん?ていうのを試してみたいものです。液晶は、屋外で見づらいですよねぇ…。

電子書籍、電子雑誌の提供の方法としても、「クラウド」技術がおおはやりしてました。
コンテンツ色々買っても、実体データは、端末に入れないよ、という提案。でも、その購入情報があれば、どの端末でも呼び出せるよてな具合。
さらに、ニュースサイトで見て、私も実際に見に行ってみたのですが、雑誌を記事単位で販売する提案も。バックナンバーだろーがなんだろーが、データ提供しているものは、1記事単位で販売します。それを自分で編集(記事内容じゃなくて並び順を)してまとめることもできるよ、とか。広告を入れられるようにして、広告収入で記事は無料提供もあるかもね、とか。特殊な想定としては、美容院で暇つぶし用として、ヘアカタログ集や撮影した自分画像と合成してみる、銀行の待ち時間用に、商品案内を出してみる、んで、それと雑誌記事もあるよ、てな感じ。

あと、ホットなこととしては、HTML5でした。
この規格については、私は全く勉強してないので、むむ?ここでも見られるものなのか?というところですが。WEBのことは切り離せないから、関係してくるのも当然ですかね。

とまあ、そんなこんなで2時間半ほど見物したのですが、もうすでにへとへと(苦笑)
ブックフェアだけは見て帰りたい!と、ちょっと休憩。(教育ITは、別フロアだったこともあり、見送り)

ちなみに、2012年は7月5から7日開催。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : イベント

緊急的な省エネ

東日本大震災からそろそろ4ヶ月というなか、首都圏では駅構内・店舗の照明を消したり、自販機の調整をしたりと色んな省エネの動きが定着しています。
しかし、基本的には緊急措置って感じで、供給量が戻ったら、いつでも元に戻すぜ!という状況です。

本当なのかはわかりませんが、緊急措置の内容には、効果が全くないものもあるとのこと。やはり、緊急は緊急だというところです。

電力を使いすぎていた、ということを痛感した・反省したという声が聞かれますが、ではこの先この「緊急措置」だけで過ごしていくのかなぁ?というのが気になり始めました。

色んな場所の照度が落ちて、まあ昔はこうだったし、別に不便はないよねと思ったものです。しかし、それは私の視力に影響が無いというだけで、そうでない人には影響がありそうです。そして、実際、影響がかなり出ているようです。

明るさだけでなく、音の合図も消されていて、かなり情報が減っていることも、それを活用している人に影響が出ています。

この先も、省エネを保つということは当然やっていくべきですが、そのことが全ての人に影響ないようにと工夫をして実現する方向になってほしいと思います。
例えば、照明の配置やあてかたなどで、明るさを確保することはできそうです。配線の関係もあって工事が必要だったりするかもしれませんが、なんとか工夫をこらして、これで電力15%削減を実現!という例があちこちに広がっていくことを期待したいです。

そういう公共の場所はそれとして、個人の住宅とかマンションとか、これからは日よけネット標準装備とか、さらに省エネをめざす建造物に最初からしておく(今も省エネをウリにする物件は多いですが)ようになるでしょうかね。

***

この話題に関連して。
私は、駅で聞こえていた「ピン・ポーン…ピン・ポーン…」や「ピヨピヨ…」という音が、なんだろうな?と思いつつ、特に追求していませんでした。ところが、つい最近になって、そのことをラジオで聞いてようやく、省エネの流れでこの音が消えていることに気づきました。うわあ、遅いよ、自分…と。
これらは、「ここに改札があります」や「ここに階段があります」という音の看板(?)だったんですね。
視覚障害者向けの音って、音声ガイダンス「XX方面ホーム、くだり」というようなものだけかと思っていました。聞いて、ひやあ、と思いましたわ。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

MAMOR 2011年8月号

【送料無料】MAMOR (マモル) 2011年 08月号 [雑誌]

災害派遣レポを、杉山隆男氏が担当!となれば、買うしかあるまい!と入手しました。

川崎重工業やユニバーサル造船への工場見学記事や、海上自衛官候補生の生活の様子がわかりそうな、新連載もありました。

***

最近、通勤経路がほとんど徒歩なので、本を読むということが無くなってしまいました。
寝る前にちょびっと読むぐらい…。あまりにちょびっとずつなので、なんかあんまり話の流れが頭に入ってこない。なんだかなあ、と、さらに読むのが遠のいたりしています。
今は、本の編集作業など夏の準備があるので、まとまった時間は作業にあてたいですが、それが終わったら、ぐわーっと読書したいです。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 海自 陸自

FC2カウンター

更新履歴より最新の3件


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
pixiv投稿品
area-B各種サイトへ
フィードメーター - area-Bログ
area-Bログ最新記事
カテゴリ
ユーザータグ
下記単語をクリックすると、その単語をタグ(キーワード)に設定している記事だけをとりだすことができます。

海自  ボンズ コミケ イベント 陸自 横須賀 NHK 東京 東京有明・お台場 晴海 千葉 空自 観艦式 習志野 返信 海保 横浜 DVD 船橋 幕張 大阪 空へ CD テレビ 下総 神戸 米軍 月島 BD 同人誌 映画 ラジオ 小樽 京都 名古屋 TV 豊中 新宿 船の科学館 佐世保 年賀状  造船 

月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
RSSをどうぞ

QRコード
QR
検索フォーム
WEB拍手
コメントや連絡などにお使いください。
web拍手 by FC2
お世話になってます♪
アフィリエイトリンクでーす。
J Tweet
RSS
骨ったー
タイドグラフ
nextnbsp;