富士学校まめたん研究分室

【送料無料】富士学校まめたん研究分室 [ 芝村裕吏 ]

なじみの本屋で周回していて目にとまったので、買って読んでみました。
おお!アタリだ。
時期的に、どこぞの戦車道みたいな流れだったりして?とよぎりつつも、それでも買ってみたというのは、表紙絵の「まめたん」のおかげかもしれません。

ちょっと、ねらってるのかそうでもないのか、と思う描写がありましたが(あ、他の作品を意識してという意味ではありません)、全体としてはサクサクと読める、ちょっとゆるーい空気の作品でした。まとまった時間があればぱーっと読み切ってしまうと思います。

現実の設定とは違った日本の自衛隊…というか、技本方面…いや、装備開発を題材にして、かなり「お話」として作り上げられています。個人的に、装備開発の題材で何か!と待っているところでもありましたので、そうそうこういう方向のはアリだよなーって思いもしました。できればもうちょっと、ドキュメンタリーちっくなのが読みたいですが、なかなかネタ的に難しいから、この作品のように楽しめる(んですよ。)ものもいいですね。

帯に書かれている誘い文句は次の通り。
「めんどくさいアラサー天才工学系女子の、ロボ戦車開発&恋愛。さらには極東危機!」

「極東危機」の部分が、もうちょっとどうにか取り込めるか、なにかすればもっとよかったかも、と思います。が、どうにかしようとしたら、1冊じゃおさまらないかな。

読みながらあちこちにチェック箇所があったのですが、読むことを中断するのが惜しくて、マークをつけられませんでした。そんな中でもマークしたのは次の通り。

 そこにどんなロボット戦車を投入するか。それが問題になる。
 ペンを回す。考える。電卓を見る。また考える。
 どこにどうプレゼンするか。それが問題だ。現場が欲しい物を企画するか、上層部が欲しい物を企画するか、政治が欲しい物を企画するかで、方向性は自ずと変わる。最終的には全部と調整して妥当なものを作るにせよ、最初の足がかりとしてどこに向けて企画するかはとても大切になる。
 偉そうに言っているが、これはここ数年で激変した技本解体後の(防衛技術)研究企画で先輩や上司が四苦八苦しているものの受け売りだ。(後略)
」p.45

 富士学校での新兵器開発会議で災害救助について意見が出ていたことを思い出す。新兵器の開発で災害救助の意見が出るのは日本だけだろう。私はそういうところが好きだ。技術的に面白そう。
」p.184

『これは噂だが、量産数が決まったらしい』
信士くんは両手の指で1と0を作った。
『二千?』
『いや、二進数かい?』
『あ、うん』
 私は信士くんが二進数を分かるのでびっくりした。侮れない人だ。私は目を右下に寄せて考える。
」p.253

最後の二進数の部分は、やりすぎかな、というくだりw。ウケたんですけど。

で、ここで開発している新兵器というのが、愛称「まめたん」なのです。
果たしてどんなものになるのか、あるいはならないのか。
活躍するのでしょうか。
詳しくは、作品を読んでみてください。
まあでも、あんまり期待すると肩すかしをくらった気分になりそうな作品ではあります。色々と好みが分かれるかも。だから、あんまりこうやって記事にするのは良くないかもしれないですが、個人的には、先に書いたように「アタリ」だったので、書かずにおくということはできませんでした。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 陸自

コメントありがとうございます

新文芸坐×アニメスタイルセレクションVol.50 BONES SPECIAL 2013】へのコメントありがとうございます。
> 当日はお疲れ様でしたー♪
> トークショー聞きそびれたので大変参考になりましたー♪
> ありがとうございます♪(ノω`*)んふふ♪

こちらこそ、お読みいただきありがとうございました!
年々、フルで起きてられない感じになってきましたが(苦笑)、がんばってメモできて、こうやってお披露目できて良かったです。次回も会場に行けるといいですね!
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : ボンズ イベント

東京モーターショー2013

10数年ぶりだか、もっとだかわからないぐらい前回の観覧から間があいています。
なんだか、そろそろ面白そうなことになってるかも?という想像のもと、会場に行ってみました。
色々撮影したり、見たりしてきたのですが、もう、人は多いし色々な行動計画で、ヨレヨレになってて大変でした。
でも、結構楽しかったので、思い切って行ってみたのは正解でした。むしろ、2日間ぐらいがっつり見てみたかったかも、と思うぐらい。

エンジンのカットモデルとか、機械系の人と見たらいろいろ解説してくれそうな、楽しそうなことになっていたのも印象的でした。シフトの切り替えを、むき身で見たのは初めてで、ちょっとムダにガチャガチャやりたい衝動に駆られました。まあ、人が多いので、やめましたけどね。




ツイッターでざくざく撮影物をだしてますので、よかったら【リンク先あたりから】たどってみてください。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京有明・お台場 イベント

FC2カウンター

更新履歴より最新の3件


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
pixiv投稿品
area-B各種サイトへ
フィードメーター - area-Bログ
area-Bログ最新記事
カテゴリ
ユーザータグ
下記単語をクリックすると、その単語をタグ(キーワード)に設定している記事だけをとりだすことができます。

海自  ボンズ コミケ イベント 陸自 横須賀 NHK 東京 東京有明・お台場 晴海 空自 千葉 観艦式 習志野 返信 海保 横浜 DVD 船橋 幕張 大阪 空へ CD テレビ 下総 神戸 米軍 月島 BD 同人誌 映画 ラジオ 小樽 京都 名古屋 TV 豊中 新宿 船の科学館 佐世保 年賀状  造船 

月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
RSSをどうぞ

QRコード
QR
検索フォーム
WEB拍手
コメントや連絡などにお使いください。
web拍手 by FC2
お世話になってます♪
アフィリエイトリンクでーす。
J Tweet
RSS
骨ったー
タイドグラフ
nextnbsp;