てくてく習志野 18

2016年の降下訓練はじめ前に、演習場周辺から準備で飛んでる何かが見られやしないか、そしてもし見えるならどんな感じに見られるのかを探りに出かけてみました。
とりあえず駅前のスーパーにある駐車場やら、公園やらをピックアップ。そのうち、【習志野市にある藤崎堀込貝塚】をここに記しておきます。

ここには以前にもブログに記録していますが、まあ、貝塚がありますというだけの場所。その道の人にすれば、その貝塚は「東京湾東岸に見られる典型的な馬蹄形貝塚の一つであるとともに、都市部にこのような貝塚が残っている点で大変貴重」と、わりと注目すべきもののようです(上記リンク先参照)。

で、訪問したのは2016年1月6日の午前。
雲が広がって、ちょっと残念な空模様でしたが、おお!飛んできた〜!CH-47とUH-1のようです。
藤崎堀込貝塚

ちっさ!
これでどのぐらいの距離なのかなぁ…。
なお、降下してる様子は木や家の向こうになってしまったようで、見えませんでした。

ちなみに、この貝塚周辺部は、丘のようになっています。幕張新都心のビルも見えました。
晴れていれば富士山も見えたと思います。
貝塚あたりから幕張方向を望む

日露戦役紀念碑がありました。
日露戦役紀念碑

降下訓練はじめに関連して、別の場所からの見え方として例を挙げておきます。新津田沼駅前の駐車場からの様子。
降下中

RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 陸自 習志野

2016年の1月

降下訓練はじめから1週間。
2016年も、始まってから半月がツルっと過ぎ去ってしまいました。
1月13日から、新しい仕事についたのですが、これがもうほんっとに頭に入らなくて、ひーひー言ってます。
これまでのようなデータ入力とは違い、業務の手順だけでも覚えることが多いのに、関係する人の数も多くて、あらゆることがどっと襲ってきてる感じです。だ、大丈夫なのかなぁ、と、そればかり考えてしまい、ちょっと憂鬱。

ともかく、やると決めたので、なんとか頑張るしかありません。

という以前には、正月行事があったわけですが、今回も年賀状は年が明けてからの制作となりました。
2016年の年賀状(1) 2016年の年賀状(2)

これがまた、全くイラストが描けなくて困りました。
結局、ハガキについては素材集からひっぱって制作。上記のような自作イラスト分は、ほぼネットでのアップということになってしまいました。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

平成28年降下訓練はじめ

2016年1月10日、習志野演習場で降下訓練はじめが実施されました。これを見てきましたので、備忘録として残しておきます。
空自キャラ&3兄弟

これがまあ、画像を見ておわかりのように、いい天気でしてねぇ!!!
ひなたを選んで位置取りしていたこともあり、冷えなくてすみました。

レポとして記事を書くつもりはないので、思うことを。

訓練を見る場所は、だいたいは訓練場のへりにある小高い部分が想定されています。
一般観覧場所
画像にあるような2ブロックになっています。
向こう側が指揮者・来賓席に近くなってますが、ものすごく狭くなっています。で、すぐに崖のように傾斜してるので、人が増えると足を踏み外しそうになります。ところが、ここ、場所が取れたとしても一旦買い物などでほかに行っている間にどんどん密度があがり、戻ってこれないぐらいになるのです。通路の確保もありません。
あまりにも密集していて、かなり危険だとおもうのですが特に規制しないみたいなんですよねぇ…。
ということから、もうここまで行くのはやめようと、2016年は入場して一番手前の観覧場所を選択。地面で展開される訓練は捨てました。いいんです、C-1が見えたら(笑)

C-1からの降下

それでも、訓練が始まったらそんな端っこの地区でも、人が大勢集まりました。
比較的スピーカーに近いところにいたはずなのですが、少しも聞こえませんでした。人垣のせいなのか、何なのか…。解説が聞こえないと、もうただひたすら撮影するだけになっちゃうのがもったいない気がします。

また、今回は訓練中の地本テントあたりはどうなのかというのが確認ポイントでした。固定翼からの降下を一通り撮影した後、場所を移動してみると意外にもどこもかしこも人が多い!もっと地本の人らはヒマになっているのかと思いきや、普通に次々と来訪者がありました。そばの空挺装備展示のところも、質問に来る人が。もっとも、こちらは訓練してるまさにそれを直接解説してもらえるので、当たり前と言えば当たり前ですね。便乗して、ふむふむと聞いてました。

展示訓練中の地本テントあたり 地本テント裏

落下傘の展示救命胴衣つき
白い落下傘は、1パックに本傘と予備傘が入ってるのか。
つーか、あの丸い傘だと、降りるだけで操縦はできないのか!
どうやってやるのかなーと、ちょっと不思議だったんだけど、謎がとけました…。誘導の重要性、状況が不変であることの組み合わせで成功するってこと…?(ふわぁ…)
それに、後ろに動く力が強い…だと?だから風下に向かって降りてるとのこと。

私は、かれこれ10回も訓練を見に来ているのに、降下する人々である、程度にしか知らないのです。そのへんに、ちょっとした不満があります。せっかくの機会なのだから、この訓練で見せている項目はどういうものか、パネルででも展示してくださるといいのになぁ。
あと、どういう道のりで空挺団の一員になるのか、とか。
空挺マークは別に空挺団にいる人だけじゃないんだよ、ということも知られてない気がしますし。
なんだか、色々知るほどに歯がゆくなりますね。

ともあれ、今回も関係の皆様には、本当に感謝したいと思います。
ショーカイキ!
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 陸自 千葉

てくてく丸の内 その2

東京駅前の新丸ビルには、7階にテラスが設けられています。
2011年1月にそこの様子を撮影しているのですが(→【東京丸の内】)、夜景でした。その後何度か訪問しているはずなのに、テラスは撮影済みという頭があり、明るい状態のものがありません。ということで、今度こそ忘れないうちに!と行ってきました。そして、駅前丸の内側の工事の様子も併せてみてきました。

新丸ビルテラス 新丸ビルテラスからのながめ

テラスはビルの3方向が開放されています。いろんなベンチやテーブルがあります。
ただし、飲食は禁止。例外としてこの同じフロアで購入したものはOKです。
警備員がいて見張ってますよ〜。
テラスからのながめの画像で、東京駅に向かって右にあるのがJPタワー。KITTEや東京中央郵便局が入ってます。この白い部分の屋上が開放されていて、そこからのながめも人気のようです。

さらに右にあるのが丸ビル。書き込みをしたように、ここにも駅舎のビュースポットがあります。

丸ビルからのながめ(2012年4月)【東京駅駅舎、ついに工事カバーはずされる

…と、ここでKITTEからのながめも紹介しようと検索してみたのですが、その記録をブログにアップしてないようです(汗)
あれー?

…気を取り直して。
では、東京駅前の工事部分を見てみます。
東京駅丸の内側 東京駅舎

たしかブラタモリだったかで、駅前の地下部分に注目して出していたような気がしますが、探検バクモンだっけ?
まあそんな調査もしつつ、工事進行中。色々邪魔だなぁと思っていた構造物が低くなったり、無くなったりしてかなり開けましたね。
2017年の完成を目指しているので、この撮影時点から1年でどんどん落ち着いていくのかと思うと、楽しみです。
参考:【JR東日本:

さて、おまけとして、皇居方面のながめをビルの合間から。
新丸ビルテラスから皇居方向
…面白いかな、と思って撮影したけど、たいして面白くないなぁ(苦笑)
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京

てくてく大手町

東京大手町に出かけたので、その直前に知った「大手町川端緑道」に行ってみました。

このかいわいは、再開発で変化中なのですが、この緑道に面した建物も新しいものを作ってる最中でした。
いまどきの都市開発ともなると、今回訪れた緑道のように、公共広場がセットでついてくるようですが、こういうのがあると歩きまわりたくなります。余談ですが、東京は運河沿いも整備をすすめていて、水辺を歩くということも結構できるようになっています。白地図を塗りつぶしていきたいですね。
で、大手町川端緑道ですが、まずは東京メトロ大手町駅C1出口から神田橋に移動し、そこから日本橋方向にちょっと歩きました。
大手町川端緑道:神田橋 大手町川端緑道:神田橋側から入ったところ 大手町川端緑道:川に面したベンチ

この緑道は、日本橋側沿いに3ブロック分にわたっているのですが、そのうちの1ブロック分のみを見てきました。
お昼にはキッチンカーも出るようで、14時前にはまだ残っていました。さすがにお客さんはひけちゃってるみたいですけども…。

案内板は、この界隈ではもう通常仕様になっているのですが、江戸時代の情報も古地図重ね合わせという方式で表現されています。見ているエリアは、庄内藩酒井家のお屋敷だったらしいです。跡ですよ、という標もたっています。

大手町川端緑道:エコミュージアム

途中に「エコミュージアム」というエリアが。
この物体が目をひいて、なんだ?てなります。これ自体は植物工場で、中に棚があっていろんなものを育てている様子が見えるようになっていました。他にも色々あります→【エコミュージアム

今回は1ブロックだけだったので、また残りの部分も歩いてみたいと思います。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京

2016年

すーっかりと明けてますが。
2016年…は、どのぐらい更新できますかねぇ…。いや、止める気はありません。間はあくかもしれませんが、今年も書きたい!と思ったことが発生し次第作成します。

年賀状2016

毎年冬コミにかまけて年賀状制作がおろそかになってしまってるのですが、今年は、使うイラストの案すら出ないまま年を越してしまいました。
ひねりにひねって、ようやくJな人向けのが1枚。
ビバップネタがまだラフの状態…。いつになったら年が明けるのかなぁ…。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : 陸自

FC2カウンター

更新履歴より最新の3件


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
pixiv投稿品
area-B各種サイトへ
フィードメーター - area-Bログ
area-Bログ最新記事
カテゴリ
ユーザータグ
下記単語をクリックすると、その単語をタグ(キーワード)に設定している記事だけをとりだすことができます。

海自  ボンズ コミケ イベント 陸自 横須賀 NHK 東京 東京有明・お台場 晴海 空自 千葉 観艦式 習志野 返信 海保 横浜 DVD 船橋 幕張 大阪 空へ CD テレビ 下総 神戸 米軍 月島 BD 同人誌 映画 ラジオ 小樽 京都 名古屋 TV 豊中 新宿 船の科学館 佐世保 年賀状  造船 

月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
RSSをどうぞ

QRコード
QR
検索フォーム
WEB拍手
コメントや連絡などにお使いください。
web拍手 by FC2
お世話になってます♪
アフィリエイトリンクでーす。
J Tweet
RSS
骨ったー
タイドグラフ
nextnbsp;