FC2ブログ

東京みなと祭り2018

メモっただけで、ブログに出してなかったことに気づいたので、メモのまま貼り付けちゃうのレポ。

2018年5月26日と27日に、東京港晴海ふ頭で開催
初日に行ってきた
はたかぜ一般公開で、うっかり艦橋に上がれる状況だと行かなかったら悔しいから
でも、そんなことは無くて上甲板だけだった
あわよくば前の週に参加してた海保行事の話が聞けるかと思ったが、捕まえた隊員が気乗りしない感じだったので、つまらない結果になってしまった…

海鷹丸に乗船


練習船はわかるが、単に航海技術だけだと思っていたが、船内の教材パネルに漁法だの漁業に関するものが多くて気になってしまう
実は漁業実習船でもあるみたい?(要確認)
案内の学生が、女子率高くて印象的
他の人もそうらしく、次々と同じ質問やら声かけをしてた

船橋で:
操縦など航海装置(まとめてなんていうのか名称は知らない)のケース部分が、エンジ色で統一。船によっては別の色が使われているが、この船は船長(艤装長てことになる?)の選択らしい
操縦系の機器の後ろに、海図台があり、その後ろに機械室をモニターする機器とスペースがある。このような配置は、造船当時のトレンドと言えるらしい。だから、いつ造られたかによって、配置の有無など違いがあるようだ。へー!流行り廃りなの!?

途中の露天甲板で:
案内の学生さんにインタビュー。
木のデッキが印象的なので、掃除は帆船で見るようなヤシの実ゴシゴシなのか?(本当にそうだとはおもわないけど)
デッキブラシでゴシゴシだそうで。教育の一つとしての掃除だ、という。まぁそうだね
海鷹丸歴は、「乗船したばかり」とのこと。なんてこった。予想外。
ただ、実は新入生ではなく、すでに実習船乗船経験済み。しかも学校は鹿児島だという!えー!乗船する学生は東京だけじゃないんかい。あんまそこに意識なかったので、全国区だと思わなかった。
一応船知識と航海経験はあるので、海鷹丸固有の話だけが詳しくないのだった。
出身が今治で、海の仕事に馴染みのある場所だったことが、今の学校への進学に繋がってるようだ。しかし、今治は造船に関係することが中心で、それ以外が弱い。だから鹿児島の学校らしい。卒業後は、西日本に戻るかと思いきや、JAMSTEC志望とのこと。採用試験が近いとかで、そっちが目下の重大イベントのようだった。いい結果になるといいね。

豊洲大橋


一番端のバースだと、ほんとに橋のすぐそばなので、供用開始が待ち遠しい。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 東京 晴海 イベント

「AI」ってことについてぼんやり思うこと

AIを謳うシステムや製品に違和感


それは本当にAIなのか?ただ多くのデータを決まった切り口で処理してるだけでは(ということがAIとは言わないということから、どうなのかと思う)

仕事を奪われる


AIに人間の仕事が奪われるという心配は、つまりは経営者がどう思うかということでは。
同じ能力があって、その先に何を求めていて、それに合致しているなら人間の居場所はあると思う。
全てAIに置き換わるのは、それを受け入れた世界だから。
知らないうちにそうなってしまった、という危険性は残るとは思う。でも、変化の道筋をどうつけるかを、今は人間の関与余地があるのでは。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

宝飾品のキラキラ世界

2018年8月31日に、『ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界』を見てきました。
数々の宝飾品を世に出してきたらしい(私には、まるっきり未知の世界)ショーメの、18世紀後半からの品々がみられるというもの。持ち物としては別世界過ぎて関心ありませんが、見たいというものではあります。デザインとしても、単純にキラキラした綺麗なものとしても(笑)。

ショーメ時空を超える宝飾芸術の世界(1)

場所は東京駅すぐの【三菱一号館美術館】。
この展覧会も、夜間まで延長開館をしている日がありますので、金曜日の夜に仕事帰りに行きました。
場所柄、金曜の夜は人々が出かける先でもあります。それなりの人が集まっていました。期間中の他の時間帯での様子は不明ですが、館内もまあまあの人が入っています。でも、みっちりということでもなく、ガラガラということもなくという感じ。荷物を入れるロッカーも空きがありました(ほっとしました)。

しかし、圧倒的に女性客。
まあ、そうですよねー。

全体的に、ほぅ、キレイですなぁ、というところで身につけたいというよりは、ただもう芸術品を見ているということが強かったです。
展示の仕方も面白かったのが、昔のものと類似テーマの現在のものを並べているところ。え、これ、何百年も開きがあるの?というぐらい、時代の違いは感じませんでした。面白いなぁ。

ショーメ時空を超える宝飾芸術の世界(2)

ちかごろは、SNS意識したイベントが主流ですが、ここでもそのあたりをとりこんだコーナーがあります。それが写真OKな部屋。2カ所設定されていて、なかなかうれしいです。ただ、例によって事前にその情報を持ってなかったので、iPod touchでの撮影となり、うまくいかなかった…です…。ただでさえ写真撮るのがヘタなのに(落涙)
リベンジできそうなら、終了前にデジカメを持って行きたいです。

残念なのは、グッズで作品写真のハガキがほとんど無いこと。物が物なだけに許可が出なかったのかなぁ。図録が買えたらよかったのでしょうけど、重いしいまいち写真の掲載の仕方が気に入らないのでパス。大きく写真を入れるのはいいけど、なぜ見開きなのか!残念です。

最近、鑑賞のお供に音声ガイドを利用するのが恒例です。今回も利用しました。ナビゲーターの一人が谷原章介さんで、とても耳なじみの良い声と発生で、とても展示会の空気にあっていてよかったです。内容もわかりやすかったし。
また、会場には、展示品を身にまとった高貴な方々の肖像画も展示。その絵も見どころとして十分です。なんだろう、あの素材の質感を絵に表してることの圧倒感…。絵の展覧会じゃないから、そこにむらがる人も少ないので、じっくり見られてそっちの方が個人的によかったことかもしれません。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : イベント 東京

FC2カウンター

更新履歴より最新の3件


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
お世話になってます♪
アフィリエイトリンクでーす。
スマホリング販売中!
スマホリング area-b BOOTHにて、スマホリングを販売中です!
ぜひ、ご利用ください。
別のアイテムならいいのにな、という場合は、pixiv FACTORYのどのアイテムを希望するか、お教えくださいませ。可能ならラインナップに加えさせていただきます。
J Tweet
カテゴリ
CB (42)
ZP (86)
ユーザータグ
下記単語をクリックすると、その単語をタグ(キーワード)に設定している記事だけをとりだすことができます。

海自  ボンズ イベント コミケ 陸自 東京 横須賀 NHK 東京有明・お台場 晴海 千葉 空自 観艦式 習志野 海保 返信 横浜 DVD 船橋 テレビ 幕張 大阪 空へ 下総 CD 神戸 米軍 松山 月島 BD 同人誌 名古屋 小樽 豊中 船の科学館 ラジオ 豊洲 映画 京都 新宿 年賀状 佐世保 青森  造船 

月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
nextnbsp;