FC2ブログ

明治青年 秋山真之

年始に、坂の上の雲ミュージアムに行って、企画展「明治青年 秋山真之」を見てきました。

坂の上の雲ミュージアムは、何度目かなのですが、今回は音声ガイドを借りてみることにしました。
これが結構よかった!まさか、企画展も網羅されてると思わなかった!その企画展部分のガイドがわかりやすくて、いい補助になってくれました。
坂の上の雲ミュージアムでもらったもの

常設展のところには、アニメの美術監督である男鹿和雄さんの絵も飾られています。そういえば、愛媛県美術館で展覧会もありましたっけね。

前回、マンホールカードのことを忘れていて、ショックだったので、今回はもらってきました。実は、今回も忘れて出てきてしまったのですが、引き返してもらってきたという状況w
利用者の統計をとっているらしく、どこからきたの?って感じのアンケートがありました。カード目当ての人も、結構いるんだろうなぁ。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 松山

てくてく松山 4

2018年から2019年の年末年始に、松山市内へお出かけしたので、そのときの撮影物をまとめてみました。

これまで、何度か道後あたりに出没したものの、そういえば土産物を買ったことが無いなと気づいて、ちょっと探してみました。
欲しいと思っている今治タオルのタオルマフラーに心を奪われかけたところを、ぐっとこらえて、和菓子屋さんで見かけたのが「坊ちゃん餅」。坊ちゃん団子は空港売店など、あちこちで見かけるのでそこをあえて避けて商品を見ると、そういうものが。ためしに2個ほど買ってつまんでみたところ、シナモンの粉がまぶされた感じと、薄い餅の感じと、あんこが絶妙なバランス。これだ!と、購入決定。再訪時は、散歩のおやつ用に調達しようと思います。

てくてく道後2018 てくてく道後2018 てくてく道後2018

なんとなーく駅で坊ちゃん列車を撮影していたら、転回が始まったので、様子を撮影。
でも、あまりに、適当に位置して撮ったので、説明に向かない画像ばかりとなり、せっかくの機会を無駄にしてしまってがっかり。ま、実際に見られたし、隣でバスも転回してたのを見られたのでヨシとします。

道後に出かける前に、たまたま知った「空の散歩道」に行ってみます。えーっと、このへんかなぁ…。どこだどこだ?
ああ!ここか。入り口近くにならないと案内が出てないので、ちょっとわかりづらいですね。でも、一度来てしまえば次から案内がいらないぐらいわかりやすいです。

てくてく道後2018

ただこのとき、一部が閉鎖されていて、端からながめるだけにとどまりました。
どうやら、リニューアル前だったようです。また来てみなくちゃいけません。
公式サイト道後温泉:「道後温泉 空の散歩道」がリニューアルオープンします

新たに、足湯をはじめ、東屋やベンチ、更衣ブースなど休憩施設

」ができるって!?足湯は、混み具合が気になりますが、ともかく再度行ってみたいと思います。

さて、道後あたりをブラブラしていると、足もたいがい疲れてくるので、そんなときには公園のベンチです。
ということで、道後公園へ。(カフェとか、飲食店は人がいっぱいだろうから、最初から除外している私です)
ここには、展望台があるのですが、実はそこに上るのは今回が初めて。
道後公園にて撮影

だ、だめだー。上ってしまえばいいのですが、その途中の階段が恐怖との戦いです。
何年前からかわからないのですが、急に階段の上り下りで恐怖心が強くなり、なかなか苦戦しているのです。(恐怖に駆られるのは、階段だけではない)
同じ理由で、神社に向かう途中に階段があると、しかもそれが石段だったりすると、もう絶対に無理なので参拝できません。

松山市内には、石手川が流れています。
この川沿いに、緑地が広がっている部分があるので、そこを歩いてみました。

石手川沿い散策にて撮影

ひたっすらのんびりとはできるので、天候さえくずれなければ、いい場所です。
いつか、河口あたりにも行ってみたいです。

石手川公園駅の場所


石手川と夕陽
夕陽
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 旅先での風景
genre : 旅行

tag : 松山

部分日食

部分日食の観察

2019年1月6日の午前、部分日食でした。
なんとか、記録しようと、以前にも使った手法で撮影。
多分、小瓶のポーズも同じもののような気がします…。発想が貧困というかなんというか。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

2018年が終わって…半月過ぎちゃった!

いやもう、ご無沙汰にもほどがあるってものです。
ブログの存在は、日々頭の片隅に居座っていて、更新したいなとは思っているのですが、実際の所なかなか難しい状況です。
そもそも、ネットにいる時間が激減しておりましてね…。
というグチから始まっておりますが、ともかく、書ける時には書いていきますよ。

2019年年賀絵

ツイッターは、ポチポチやっとりますが、そればかりだと長文にじっくり取り組みたい気分ばかりが募ってしまいます。だけど、できない、という繰り返し。なんだか悪い循環になっている感覚が消えません。

さて、久しぶりの遠征からそろそろ2ヶ月が過ぎようとしていますが、その間に年末年始がありました。今回も帰省したので、続けての遠征って感じもあります。期間もまるまる1週間でしたから、かなりのんびりと過ごしました。
それでも、ついついのんびりし過ぎて、目当ての行動計画は、半分ぐらいで終わっちゃったんじゃないか、というところ。いや、むしろ、1週間に盛り込もうとした計画が無謀だったという話なのかもしれません。(きっと、そっち)

まあこの調子でこの1年も過ぎていくのでしょう。ともかく、できることをできるときにやっていきます。
てことで、今年(2019年)の目標というか、やんわりとしたやりたいことをつらつらと書いてみます。

観艦式開催年だと思いますので、なんとか色々と動いて記録していきたいです。来年2020年にDOUJIN JAPANが開催されるので、そこに自分的まとめの本が出せるとよいのですが。本当は、自分の話だけじゃなくて、他の見物人の話も織り込みたいのです。ただ、アンケートとか反応無いので、期待できそうにありません。動き方も工夫すればいいのかもしれないですが、今の時点ではアイディア無しです。そこにとらわれていると、時間を浪費するだけですので、まずは自分がやりたいことのうち自分ができることから手をつけていきます。
開催期間中に、体調がどうなるかは今から考えても仕方ないので、なんとか頭から追い出しつつ。

同人活動については、今年は上記に出した2020年の活動への計画期間というところでしょうか。ちょっと前まではボンズオンリー本その2を作ろうと思っていましたが、それもやはり自分がそもそも具体的に思い描けないところがあって、それで寄稿をお願いするのは無理があるなと、断念方向です。
ただ、いつもとちがうイベントには、こちらもいつもと違う活動や成果品をぶつけたいなと思っています。

そのほか、さらに先の2021年には『カウボーイビバップ天国の扉』20周年がやってきますので、2020年に記念本用原稿募集をかけるため、今から準備を始めます。テーマは違っても、基本的にはこれまでの記念本と同様の募集をかけたいと思います。そのために、特設サイトを準備するつもりです。

サイト制作は、なんらかのサービスを利用するとか、手作りするとか、これまた考え始めると時間がどんどん消えていくので、まず作る前の下準備をしようと思います。先に出てきたボンズオンリー本用に特設サイトを開設していたのですが、それを止めてこちらの企画に切り替えましょうかね…。

とにかく、これまでと違って、かけられる時間が少ないことから、使えるものは色々使って、活動を進めることを考えていきたいと思います。
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

tag : 同人誌

FC2カウンター

更新履歴より最新の3件


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
お世話になってます♪
アフィリエイトリンクでーす。
スマホリング販売中!
スマホリング area-b BOOTHにて、スマホリングを販売中です!
ぜひ、ご利用ください。
別のアイテムならいいのにな、という場合は、pixiv FACTORYのどのアイテムを希望するか、お教えくださいませ。可能ならラインナップに加えさせていただきます。
J Tweet
カテゴリ
CB (42)
ZP (86)
ユーザータグ
下記単語をクリックすると、その単語をタグ(キーワード)に設定している記事だけをとりだすことができます。

海自  ボンズ イベント コミケ 陸自 東京 横須賀 NHK 東京有明・お台場 晴海 空自 千葉 観艦式 習志野 海保 返信 横浜 DVD 船橋 テレビ 大阪 幕張 空へ CD 下総 米軍 神戸 松山 月島 同人誌 BD 名古屋 小樽 船の科学館 ラジオ 映画 豊中 京都 豊洲  造船 佐世保 年賀状 新宿 

月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  11  10  09  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
nextnbsp;