教育の現場とやらは知らないから勝手な話

教職研修 2012.4
特別企画:「大阪維新の会」は教育をどう変えようとしているのか
大阪市会議員・坂井良和氏に聞く 「大阪維新の会」の教育への問題意識とねらいは何か
p.79

保護者が求めている教育とは
-保護者はどういう教育を学校に求めているとお考えですか。それはグローバルな世の中が求める人材とイコールでしょうか。
 わが子が就職できない、生活保護を受けなければならない、保護者はそんなことを望んでないと思います。
 学校は、「生きる力」を育むといいながら、最低限生活できるための教育しかしてきませんでした。本当の意味での「生きる力」は、競争に打ち勝って、生活水準を上げることができることです。日本は資源に乏しい国で、人こそ資産です。そういう教育がなされないと、全国民が生きていけないということが、まず大前提として認識されねばなりません。


インタビュー全体としては、言われることはもっともだと思うが、上記部分は特に気になる。最低限生活できるための教育だけでいいと思うのだけれど。どの程度まで広げようとしているのか?

だいたい、「生きる力」を育むのを目標だかなんだかに掲げるのはいいとして、その程度はどうすんだろうってのがよくわからない。小・中学の義務教育が終わったら、生きる力がついてるから一人で生きていける!というところまでいくのかな…。

なんだか、最近、小中学生に色んな事をいっぺんに、身につけさせようとしてるように思う。そんなにまとめてやんなくていいんじゃないかなぁ。そりゃ生活が多様化してるから、早くから準備していかないと、ということはある。けれど、何から何までをどっとかぶせるんじゃなくて、ただひたすらに丸覚えなことから、基礎理論までをしっかりさせることに重点をおくのでいいと思う。若いと、何でもとにかく呑み込んでいけるのだから、呑み込ませてみればいいともう。
で、ときどき、ホント1年のうち数回程度、応用への道を見せるとか知らせればいいかなと。
今までやってきたことをふまえて、次の段階へ進むことができるよ。汎用・一般化ということで、類似問題や他の状況に対応できるんだよ、と。

で、中学3年に、その量を増やして、高校あるいはその他の進む先につなげる。

ただでさえ世の中の情報量が多いんだから、学校ではもっとシンプルに段階を踏んでいけばいいんじゃないのかって思う。

ただここでは、親の考えってやつはトコトン無視してるけどね。(ここが状況を複雑にしているんだろうなぁと想像)
関連記事
RSS・メッセージはこちら
【area-BログのRSS】【メールフォーム】 拍手する

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag :

comment

当ブログのコメントは、管理人承認後も非公開といたします。 コメントは一部または全文を、そのコメントがつけられた記事に匿名扱いで入れます。匿名とするために、一部文章を変えることがあります。
Secret

FC2カウンター

更新履歴より最新の3件


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
pixiv投稿品
area-B各種サイトへ
フィードメーター - area-Bログ
area-Bログ最新記事
カテゴリ
ユーザータグ
下記単語をクリックすると、その単語をタグ(キーワード)に設定している記事だけをとりだすことができます。

海自  ボンズ コミケ イベント 陸自 横須賀 NHK 東京 東京有明・お台場 晴海 空自 千葉 観艦式 習志野 返信 海保 横浜 DVD 船橋 幕張 大阪 空へ 下総 CD テレビ 神戸 米軍 月島 BD 同人誌 ラジオ 映画 小樽 京都 名古屋 TV 豊中 新宿 船の科学館 佐世保 年賀状  造船 

月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
RSSをどうぞ

QRコード
QR
検索フォーム
WEB拍手
コメントや連絡などにお使いください。
web拍手 by FC2
お世話になってます♪
アフィリエイトリンクでーす。
J Tweet
RSS
骨ったー
タイドグラフ
nextnbsp;